自転車を盗まれたので盗難対策について考えてみた

東日本ツーリングに出かける少し前、よりによってもう少しで仕事やめるぞ!ってときに職場の自転車置き場からチャリが盗まれたの

畜生!自転車が盗まれたのでやったことを書いておく
愛車が盗まれた人!手を上げて! はい・・・私です・・・ やられました・・・見事にやられちゃいました・・・マイガッ! 上のが我が愛車です、見つけたひとはご一報下さい・・・ 盗まれた状況 会社の駐輪場に置いてました ・・・鍵?え...

正直、今まで盗難対策とか真面目に考えたことなかったのでショックだったね!

そこでツーリング前にちょっと真面目に考えてたのでそのメモ

スポンサーリンク

盗難対策の基礎知識

まずどんなに対策をしようとも、どうしても自転車に(それも快適に)積載出来る範囲での予防になるので、糞重い専用工具(ボトルカッター)を使う盗む側の方が盗まれる側より有利

自転車泥棒が語る「自転車の盗み方」と「盗難を防ぐ方法」|WIRED.jp
イタリアの自転車泥棒が、自動車のジャッキから、カギを凍らせて粉々にする液体窒素まで、プロのテクニックを明かす。さらに、どうやって自転車を守るかについても秘密を語る。

地球ロックをしておく

自転車本体なんて10KG前後だし、簡単に持ち上げられる

持ち上げられて車の荷台にでも載せられたら鍵なんか無意味である

地球ロックとは、電柱とか何かしら地面に埋められているものに自転車をくくりつけておくことで盗難対策の基本

これをしてない自転車なんていたずら防止くらいの効力しかないのでは

ちょっと本気の窃盗犯になら簡単に盗まれちゃいそう

この際は前輪・後輪もしておくとなお良し

二重ロックをする

鍵を2つすることね

一つの鍵で前輪・後輪両方するのは難しいなら2つでやるべきかな

海外の自転車盗難が深刻な地域ではみんな二重ロックしているらしいね

ワイヤー状は脆い

100均他、自転車屋でもよく売られているワイヤーを束ねた奴は簡単に切ることができるとのこと

それこそ100均のニッパーでも切れるとかなんとか・・・

余ってるワイヤー状があったので僕も試したことがあるのだが、自転車用の整備工具(ブレーキワイヤーを切るやつ)で簡単に切れたので、本当だと思います

U字ロックは丈夫

反対にU字ロックは見た目のまんま切断するのは大変らしい

ただし、時間をかければそでも本気の窃盗犯は切ることが出来るらしいけど

スポンサーリンク

僕が購入した鍵

というのを前提にしつつ検討

追加の条件として強烈なロックを使って鍵を紛失したときが怖いので、ダイヤル式のものに絞って探した結果、以下の2つを購入した

ABUS(アブス) TRESOR 1385

自転車用の鍵といえば信頼性の高さで定番のABUS!

鍵の強度がわかりやすいようレベル分けしているのも親切だと思う

ちょうど、ダイヤル式、そしてある程度強度もあるチェーンタイプのロックがあるので購入

TORUNA39 ダイヤル式Uロック

もうひとつは頑丈なU字ロックでダイヤル式ものがいいと探すも、これがなかなか良さそうなものがない

GIZAに自転車向きで売ってるものがあったが、実物をみたがU字とはいえ細いため頑丈さに不安がある

そしてもう一つ見つけたのが、TORUNA39

これが自転車向きなのかわからなず、レビューもなくて、実物をみたいが近場にないようでなかなか不安になったが思い切って買ってみた

届いた商品をみたところ、太さはちょうどいいくらいにあってなかなか頑丈そうに見える

U字ロックだから仕方ないがどうしてもあるね

スポンサーリンク

東日本自転車ツーリング終了後感想

2016自転車東日本ツーリング
「2016自転車東日本ツーリング」の記事一覧です。

盗難対策をするといっても、現実的にプロの自転車泥棒からも守る難しいんじゃないだろうか

どのくらいの相手から守るかを想定したとき、結局、落とし所としてイタズラ対策程度しかできないじゃね?

そもそもツーリング中ならバッグ類がつけっぱなしだし意味あるの?とツーリングしていて思った

ABUS(アブス) TRESOR 1385

ツーリング仕様の自転車だとサイドにバッグがあるのが邪魔で、地球ロックしたい目標とどうしても少し距離が出来てしまうのだけど

チェーンの長さが絶妙で、なんとか長さが足りて地球ロックが出来ることが多かった

チェーンだから長すぎても無駄に重くなるしね、使いやすい良い商品なんじゃないだろうか

TORUNA39 ダイヤル式Uロック

ツーリング仕様の自転車にはバッグ類が邪魔で地球ロック出来ねぇ・・・ってことに出かけてから気づいた(遅い)

それでも、地球ロックする場所を探すのがめんどい、見つからないときは頑丈だし、手軽にロックできるし(チェーンだとフレームに通すのがちょっと面倒)当初はよく使ってたんだが

サドルの下に止めてたのが悪かったのかなぁ・・・場所が悪くてよく後輪の泥・砂がロックに掛かってたんだけどね

どうも砂が中に入っちゃのか次第になかなか抜けづらくなっちゃったんだよね

終いには、かなり力をいれてしばらく格闘しないといけないくらいになって、洗っても治らないし破棄することにした

2000円しない安いロックだったし、使い方も悪かったわけだが値段なり・・・ということなんだろうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました