最上級モデルハブでも壊れるぞ!Shimano Deore XT Hub 36Hをレビュー【破損・クラック】

SHIMANO XT Hubを壊れるまで使った感想を書きます

スポンサーリンク

購入した理由

ツーリング向き自転車、ロングホールトラッカーを購入したときに最初から付いてきたハブ

スポンサーリンク

実際に使っての感想

SHIMANOの中でもMTBコンポーネント最上位グレードのDeore XTシリーズの信頼出来るハブ

オーストラリアでリアハブにヒビが入って交換した

元から後輪側は負担が掛かるし、特にオーストラリアでは荷物載せまくってたからね・・・

ヒビが入ってからも近くの自転車屋まで700kmくらい走った、これがオーストラリアですよ

その間、少しづつヒビが広がっていって心配だったがなんとか耐えてくれた

30000km以上、3年くらいでお陀仏、とはいえよくあんな重い荷物を運んでくれたものだと思っている、十分な仕事はしてくれただろう

ノーメンテナンスだけど、もしメンテしてても壊れただろう・・・たぶん・・・

ハブ内部の破損ではなく、スポークの付け根部分が折れだからね

最近のロングホールトラッカーはXTでなくデオーレLXになってるみたい

コンポーネントはDeore以上と以下で耐久性がだいぶ違ってくるらしい

本格的なMTB用途ではSHIMANOはDeore以上からを推奨してる

引用:MOUNTAIN BIKE | SHIMANO BIKE COMPONENT

僕みたいなメンテナンス知識のない雑魚は上級グレードを買っておくと安心

愉しい自転車&生活 ハブのグレードの違い

フロントハブ側のXT Hubもノーメンテだけど、こっちは今(インド)でも現役で頑張ってくれている

壊れないでくれよ~、どこまで持つかな

スポンサーリンク

まとめ

SHIMANO Deore XTは割れてしまったけど今でも信頼できる製品だと思ってる

リア側はNovatecに今、変わってしまってるけど、壊れたときに選択肢がなかったからでSHIMANOの高グレードハブが他に手に入ってたらそれに換装してた気がする

ハブは壊れたら面倒くさいパーツなので、なるだけ高いものを使っておくと安心かな

コメント

タイトルとURLをコピーしました