Bikeguy どこでもケージホルダーの使い勝手・使い心地についてレビューします

image

僕は自転車にBikeguy どこでもケージホルダーを取り付けてます

名前の通り何処にでも、簡単に取り付けられます

image

例えばこれば自転車のシートチューブに取り付けたところ

ギリギリ、スペースがあるように見えたけど、実際にペットボトルを装着すると重さを支え切れず微妙に傾くのでタイヤと接触して駄目でしたけど

取り付け方法がマジックテープて引き絞って止めるだけなのでシンプルではありますが、その分、保持力はイマイチです

支えられるのは500mlペットボトルくらいまでが限界でそれ以上はちょっと難しいと思います

大きめなしっかりしたマジックテープなので、走行中にケージホルダーが取れてしまうことは今のところありませんけどね

そんあわけで、シビアな空きスペースにどこでもケージホルダーを取り付けるとトラブルが起きる可能性があります

結局、無難な取り付け位置はシートピラー、シートチューブ、ダウンチューブみたいにペットボトルの重みをフレームに預けられる、バランスの良いところでしょうか

ただ、シートチューブ、ダウンチューブにダボ穴があるフレームはそっちを使ったほうが安定してボトルケージと取り付けられるので良いです

image

ちなみに僕はトップチューブにどこでもケージホルダーを取り付けて使っています、空きスペースの有効活用ですね

ベルクロだけで重さを支えている状態なので取り付け具合はいまいちですね

なのでこの場所はおすすめはしませんが一応、取り付けて使うことは出来てます、参考までに

コメント

タイトルとURLをコピーしました