【レビュー】中華製 Multi Function Head Lamp【自転車用ヘルメットに装着する】

Multi Fuction Head Lampの感想を書きます

スポンサーリンク

購入した理由

持っていたヘッドランプ、ゼクサス ZX-250 はお高いブランドモノだけあって悪いものじゃないのだけど、自転車旅行で夜間、使うにはいささか光量不足を感じていた

調べたら最新のZX-250Sは照度が110%アップしてるみたい

またゼクサス ZX-250 は単三電池仕様のライトだけども、USB充電式に道具を変更、統一して持ち歩いていた乾電池、エネループ、充電器一式を減らして荷物を軽量化したかった

マレーシアで購入したときの料金は35RMで970円ほどで値段も安かった

スポンサーリンク

実際に使っての感想

光量は十分あり、USB充電もしっかりしてくれる

僕はこれを自転車用ヘルメットに付けて運用していた

ハンドルバーに付けたとすると、フロントバッグが邪魔で光線を遮ってしまうのだがヘルメットだとそれを気にする必要がない

また、ライトをいちいち出し入れして装着する手間が夜間なくなるのは楽

自転車を降りたら、そのままテント設営などの作業をヘルメットを被ったままになるけど出来るのはある意味、便利

自転車用ヘルメットの頭部保護意外の効果【自転車旅行で使うメリット】
ヘルメットの役割といえば頭部保護というのは説明するまでもなく当たり前なわけだけど、自転車旅行で長期間使っていてそれ以外にも仕事してくれてるなと感じる頭部保護以外のメリット熱からの頭部保護(涼しい) 暑い地域を長時間...

単三電池仕様ではないけど内部には18650電池が使用されていて、蓋を開けて簡単に交換出来るようになっていた

なので18650電池だけを買って充電しておけば予備にもなるし、電池寿命を気にせずに長く使えるようになる

デメリットは金属製(アルミ?)でライトの中では重量感がある方なこと、軽いのが良いのならプラスチック製だね

乾電池式よりUSB充電式の方が個人的には充電池、充電器一式を減らせるだけでなく、充電するのときも電池の出し入れが不要だから楽で便利かな

集光調整(ズーム)機能もあって僕が走ってる道路先だけに光を当てられて便利だが、あまり固くなくすぐ動いてしまうので注意

雨の日でも問題なく使えていたが、雨天後はライト内部が結露していたので過信は禁物か

といっても、10ヶ月ほど使って壊れることはなかったが調子は悪くなってきてたね

充電ボタンの接触が悪いのか押しても点灯したりしなかったりする、満充電しても光量も落ちてきてた

チープな中華製ライトって数ヶ月で壊れる印象なので、けど頑張った方じゃないかな

それに上に書いたように18650電池を使っていて簡単に交換出来る仕様なので、これを変えればまだワンちゃんあったかも

雨の日にも使わなかったらもっと長持ちしたかも

最後はオーストラリアのポートヘッドランドで盗難された

僕が買った店では中華製のライトが5つも付いてるのとか見慣れない変なライトがたくさん売られていた

Amazonで見た目が同じものが売られていて最後に貼り付けておくが、中国製によくある流用されてるOEMの外装だと思うので、中身まで同じものかはわからない

スポンサーリンク

まとめ

金属製で重みはあるが、光量と性能は十分あったので満足

コメント

タイトルとURLをコピーしました