ビクトリノックス・ウェイターはアウトドアに必要最小限の機能がある軽量マルチツール【レビュー】

ビクトリノックスから販売されているマルチツール、ウェイターについての感想を書きます

スポンサーリンク

ウェイターを購入した理由

ビクトリノックスのマルチツールは、クライマー(僕が買ったときはトラベラーという名前だったが)を以前に持っていたのだが飛行機搭乗時に誤って機内持ち込み手荷物に入れてたため没収されてしまった

何かと便利で使っている道具だったので、新しいマルチツールを買うことにした

プライヤーへの憧れからレーザーマンやGERBER(ガーバー)も検討したのだが、値段が結構する上にナイフ付きとなるとだいぶ大型化するものしかなく重量があった

結局、ビクトリノックスを再検討して前と同じクライマーにしようかと思ったが、軽量化を考えて必要な機能を絞り込んだときウェイターで十分なように思えたので試しに購入することにした

値段はインドで購入したので978ルピー、日本円で約1450円

スポンサーリンク

ウェイターを実際に使った感想

35gで軽量

本製品の重量は公称35g・実測でも35gしかなかった

ビクトリノックスのマルチツールの中でも最軽量クラスだと思う

その分、機能数も少ないわけだが

以前に持っていたクライマーは81gで、重量差はたった46gと少なく思える

ただ僕はいつもズボンにカラビナで引っ掛けてるのだけど、体感としてはかなり身軽になったように思える

必要最小限のツール

本製品の機能は以下のとおり

  1. ラージブレード
  2. コルク
  3. せん抜き
  4. カン切り
  5. マイナスドライバー 5mm
  6. ワイヤーストリッパー
  7. キーリング
  8. つまようじ
  9. ピンセット

8つもあるのが僕的に注目して主に使うのは以下

ラージブレード

主に料理のために使う

ナイフの長さは58mm、長くはないけど短すぎもせず使えるのってこれくらいのサイズだと思う

肉や野菜、果物を切るのに使う、ビクトリノックスナイフは切れ味が良くて気に入ってる

凝った料理をする人には物足りなナイフだろうけども、僕の旅行スタイルだとしないことが分かったのでこれで十分

クライマーを持ってたときは小さなハサミが付いていて結構、使用頻度があった

だからハサミなしなのは少し迷ったのだけど、ナイフでもある程度は代用出来る(してる)

クラシックSDというハサミ、ナイフが付いた軽量マルチツールもあるのだが、あれのナイフはスモールナイフなのが残念ポイントだったのでウェイターを選んだ

栓抜き

日本だと栓抜きが必要になる飲み物ってあまり見かけないと思うが海外にいると使用頻度がしばしばあった

例えばオーストラリアだと瓶ビール、インドだと瓶コーラとかね

スキルがあればスプーンとか、ガスライターとか、お札とかで開けられるんだけど僕的には難しいの栓抜きがあればやっぱり便利

缶切り

プルトップ式缶詰が今は多いので、これも日本であまり使用頻度がない道具だと思うが、海外にいて安い缶詰を見てると缶切りが必要なタイプってことがしばしばあって、これも必要だと思った

ちなみにウェイターでは栓抜き・缶切りが一つの同じパーツで出来るようになってて軽量化できてるのもお気に入りポイント

ピンセット・つまようじ

自転車ツーリングをしていて、タイヤにトゲやガラス片でも刺さってパンクしたときは、ビクトリノックスのピンセットや爪楊枝でほじくり返して外していた

他にも細かい作業時に地味に役立つ工具だったりす

コルク抜き

クライマーを持ってたときからコルク抜きは実は一回も使ったことがない

オーストラリアを自転車旅行してたときは、ワインの大規模生産国なので異様に安い値段で売られてるから何度か飲んだことはある

ただ合理化とコストダウンの結果として、コルク抜きが必要になるような瓶で売られてるのでなく、紙パックみたいなのに注入されてたので使わなかったんよね

だからコルク抜きはなくても良い道具なのだが、コルク抜きなしのバリエーションでちょうど良いのがなかった

それに、いつかワインが安い国へ行ったときにはコルク抜き使ってローカルワインを飲んでみたいなとは思ってる

ビクトリノックス製品としては最安値クラス

機能数は少ないのだが、その分値段も抑えられている

ビクトリノックスのマルチツールとしては最安値クラスなんじゃなかろうかね

前のマルチツールは僕のミスではあるけど、空港で没収されて紛失してしまっているので、最悪もしまた無くしても経済的ダメージも少ない

スポンサーリンク

まとめ:最小限で十分な機能がある、おすすめマルチツール

多機能なのも良いけども、それでゴチャゴチャと使わない機能が多いのもスマートじゃないし、せっかくのマルチツールの意味がなくなるように思える

必要な道具が僕には十分揃っていて、それでいて軽量・コンパクトなので満足している

名称的に本来はウェイターのために作られた道具なのだろうけど、アウトドア用品としても十分優れている

ただマルチツールが初めてで、自分には何が必要か分からないというならのなら入門用としてクライマーの方が向いてるかもな

クライマーより多機能なものもあるけど、高価なるし、重く太くなって持ち運ぶのが面倒になるだろうし、その辺りの多機能製と重量のバランスがクライマーは優れていると思う

コメント

タイトルとURLをコピーしました