【レビュー】キャラバン レインポンチョ エアリファインライト【レインジャケットは自転車ツーリングに向いた雨具なのか】

キャラバンから売られているレインポンチョ エアリファインライトについての感想を書きます

スポンサーリンク

購入した理由

ミズノ ベルグテックEX ストームセイバー を持っていたのだが、不便に感じることがあった

私はヒップバッグを装備して旅行してたのだけども、雨天時にレインウェアを着るときは当然、それを一度外さないといけなかった

北海道を自転車旅行中にレインポンチョを着ている外国人と会って、それならヒップバッグの上から着れるので良いのではないかと考えて購入した

山渓オンラインにて7340円で買った

スポンサーリンク

実際に使っての感想

大変満足しているレインコート

ヒップバッグの上から着る、というのが当初の目的だったわけだが太もも、膝辺りにまで長さがあるので雨天時はレインパンツを履かずにこれだけで済ませてしまうことが圧倒的に多い

レインパンツを履かないのなら、自転車から雨のたびに毎回、降りる必要もなくなるので劇的に楽になるので便利

特に僕の自転車はスタンドを付けてないのでその恩恵は大きい、準備に時間が掛からずササッと雨具を着て走れる

突然の雨、スコールが降るような山側や東南アジア諸国では非常に助かる

レインポンチョの長さが足首まであるわけじゃないので、レインパンツを着ないことで裾は濡れるのだけども、あまり気せずに走ってる

濡れても自転車で走ってると向かい風や暖かいところだと割とすぐ乾いてくれる

レインパンツは一応、持ち歩いているので寒冷地や悪天候が長引きそうなときとかは必要に応じて、適当な軒先が見つかるまで走って履くようにはしてる

僕が思うに一般的なレインジャケット、レインパンツの組み合わせと比べて、レインポンチョは自転車ツーリングには結構、向いてるんじゃないかって

レインジャケットとレインパンツの組み合わせが一般的なのは登山用を想定した徒歩での道具でよく使われてるからだと思う

メリットととしては強風に強いこと、雨具が風でためかない、軽量であること

逆にポンチョは風に弱くてはためく、重い、ただ着用が簡便

風については登山メーカーのキャラバンが出してるポンチョだけあってある程度考えられて対策されていて、風ではためかないように袖付きのタイプのポンチョだし、手首にベルクロがあるし、腰紐もあって縛れるようになっている

デメリットのレインジャケットとの重量差については詳しく調べてみる

公式サイトからのスペックを見ると本製品は560g(Mサイズ)とある

レインジャケットだと250gくらい、下手するともっと軽量なのもある

レインパンツを足してもレインポンチョより軽い

この重量差は登山だとデカイ、ただ自転車旅行だと荷物の制限も比べてまた緩いので問題は少ないと思う

そして自転車だとハンドルを掴むために前傾姿勢にややなる

ポンチョがそれで下半身側を蓋のように、傘のように守ってくれるてる感がある

これは別商品だけどもイメージとしてはこんな感じ

登山と比べて厳しい環境の中にいるわけでない自転車旅行でならポンチョの使いやすさを選ぶのも十分ありなんじゃないかなって

4年間、本商品を使い続けてきて裏地が劣化して剥がれて落ちてたり、撥水性やら摩耗してる部分もあるけど、生地破れはまだ起きてないし使い続けられそう

「防水透湿機能素材エアリファイン®ライト」というキャラバンが開発したらしいゴアテックス的な独自素材が使われてる雨具(ポンチョで透湿素材が使われるのは珍しいような)だが、なかなか頑丈

イエローカラーを私は持っていて視認性が悪化する雨天では良さそうで好きなのだけど、現行品ではなくなってるらしく残念

けどお気に入りの雨具、ポンチョ

スポンサーリンク

まとめ

高機能高性能ポンチョ

簡単にすぐ着用できる、ただレインジャケットと比べて重い、風に弱い

ポンチョはレインジャケット、レインパンツの組み合わせと比べてメリット、デメリットがあるが自転車旅行では使い勝手が良い道具

コメント

タイトルとURLをコピーしました