ロリポップより安いスターサーバーを3年間契約更新した話

スターサーバー(正確には旧ミニバードの頃から)にて当ブログは運用していますが3年間契約更新しました

低価格なレンタルサーバーというとロリポップ0 - ロリポップより安いスターサーバーを3年間契約更新した話が一番有名かと思いますが、スターサーバーを選んだ理由について書こうと思います

スポンサーリンク

ロリポップ月額275円だがスターサーバは月額220円で安い

長期間契約した場合、ロリポップよりスターサーバーのプラン方が同条件で安く設定されています

例えば僕が契約しているのはスターサーバーでWordPressが使える一番安いプラン「ライトプラン」ですが、ロリポップでもそれに相当する「ライトプラン」が提供されています

そちらは3年(36ヶ月)契約した場合ですと最安月額275円になります

一方でスターサーバのライトプランのケースなら3年(36ヶ月)契約で最安月額220円に運用コストを抑えることが出来ます

価格面ではスターサーバーの方が現状(2021年3月28日時点)有利です

スターサーバーロリポップを追う立場かと思うので価格面で攻めているのかしれませんね

3年契約時の総額を比較するとロリポップは9900円ですが、スターサーバーでは7920円にコストカットでき、約2000円節約することが出来ます

スポンサーリンク

サービス面ではスターサーバーよりロリポップ優位か

一方、サービス面ではスターサーバーよりロリポップの方が優位かなと感じます

理由としては無料SSL、サーバー容量や転送量が増量するときは先にロリポップが始めてからスターサーバーが負けじと後を追っているような印象があります

例としてはロリポップは2020年8月5日にプランとサーバー増強を行いました

それによってライトプランのディスク容量は50GB>100GBに引き上げられています

全プランリニューアル!さらにハイスピードプラン初期費用廃止・お得な新価格に – 2020年08月05日 / 新着情報 / お知らせ – レンタルサーバーならロリポップ!

スターサーバーもプランリニューアルを行いライトプランのディスク容量を50GB>100GBへ増設しましたが、それは2021年3月17日のことでした

2021年3月17日 『スターサーバー』最大2.5倍! ディスク容量の増量について

そして2021年3月28日の時点ではスターサーバーの上位プランであるプレミアムプラン(ハイスピードプラン相当)、ビジネスプラン(エンタープライズプラン相当)はディスク容量においてロリポップの相当するプランに負けています

しかし全てにおいて負けてるといわけでもなく、スターサーバーは転送量目安数値の引き上げを2021年1月29日行ってい、それまで負けていたのところをロリポップに逆転してはいます

とはいえ新機能を真っ先に体験したい人はロリポップが選ぶべきかと思います

ただ、スターサーバーも遅くはなりますが後々、アップデートされて同様のプランになっているので気にしない人はスターサーバーの方がコストパフォーマンスが良いかと思います

スポンサーリンク

個人ブロガーが趣味でやるならスターサーバでも十分

他にもサーバースペックはロリポップの方が優位でレスポンスが良くSEOにも強いという噂もあります(けど僕がスターサーバーを契約したことは逆の噂を聞いてた)

ただ僕のWordPresでのブログ運営はあくまで趣味の範疇でしていることです

ブログ運営で大きな収入が出てるわけでもなく、今後もブログ飯をやろうと目標を持っているわけでもないです

スターサーバー(といかミニバード)と何年も契約をしてきましたが大規模サーバー障害が発生したこともありませんし、高いサーバースペックや最新の機能もすぐに必要でもなく問題ないので満足してます

そのような利用方法なのでロリポップでなく値段の安さでスターサーバーを選んでも十分だと考えています

それにもし本当にガチでブログ運営するならスターサーバーでも、ロリポップでもなくエックスサーバーの方が向いてる気がします

みなさんもサーバー選びで迷われてるのでしたスターサーバーはいかがでしょうか

bgt?aid=150820672907&wid=001&eno=01&mid=s00000008919001015000&mc=1 - ロリポップより安いスターサーバーを3年間契約更新した話 0 - ロリポップより安いスターサーバーを3年間契約更新した話

コメント

タイトルとURLをコピーしました