[WordPress]WP-Optimizeにてデータベース容量を削減する・MySQL容量の正しい見方

データベース容量が逼迫しているので、今度はプラグイン「WP-Optimize」をインストールしてみることに・・・

WP-Optimizeというのは、MySQLを減らすための総合的なサポートをしてくれるプラグインで、とても人気のあるプラグインらしいです

左の設定項目を見てみると、自動記事保存や、スパムコメントの削除の設定項目が・・・

[WordPress]Better Delete RevisionにてMySQL容量を減らす | 職業:魔法使い死亡

[WordPress]スパムコメントを削除してMySQL容量を減らす | 職業:魔法使い死亡

といった、記事を投稿してきましたが、もう、これ一つだけあれば十分じゃん・・・

データベースの最適化までして容量節約してくれるからね・・・

最適化だけでも、なかなか効果がありました

下の「Total clean up overall」というのが、それで13.9MBも容量が減ってくれました

そして、もうひとつ気づいた大事なことが右下の「Current database size」の項目

日本語訳すると、現在のデータベース容量

・・・あれ?

私のデータベース容量

サーバーの管理画面からだと、106MBあるんですが・・・

これは、なんかおかしいぞ!?

調べた所、データベース容量の確認方法にはphpMyAdminから確認する方法があるっぽいです

phpMyAdmin ユーザマニュアル

というか、これがMySQLの内訳を見れる、ファイルマネージャみたいです

うん、phpMyAdminという言葉は知っていたけど、どんなもんかまでは知らなかった

ホント、初心者だな自分

さて、ここからデータベース容量を見てみると・・・

うん、43MBだな

WP-Optimizeにて表示される、データベース容量とたしかに一致しました

どうやら、私が使っている、エックスドメインの無料サーバー

サーバー管理画面のDB容量の反映はリアルタイムではないっぽいです・・・マイガ!

ちゃんと、容量削除ができていたみたいです

これって、エックスサーバーや、wpxなど、どこでもこんなもんなんでしょうかね・・・

とりあえず、一つお利口になりました

にしても、データベース容量を出来る限り削減しても43MBですか・・・

自分の無料サーバーはMySQLの上限は50MBになっています

エックスドメインで、ドメイン管理していると上限が100MBになる特典があるようですが・・・

当ブログは、独自ドメインでの運用はしていますが、管理は他社でしています

まるっきりの、無料サーバー目当てでエックスドメインを利用をしている状態です

エックスドメインの無料サーバーは、MySQLの上限が一番のネックになりそうですね

今後のブログ運営の課題になりましたが、これだけのサーバーを無料レンタル出来るのは、すごいことだろうしなぁ

まぁ、これくらいは仕方ないのかな~と思います

今日の教訓

MySQLの容量を節約するときは、phpMyAdminから直接確認するようにする

コメント

タイトルとURLをコピーしました