北海道の最西端、奥尻島一周@東日本ツーリング32日目

5時ころ起床、外が明るい

とりあえず起きて最初にしたことは昨日の生乾きだった洗濯物を干す

どうも以前来たキャンパーが洗濯紐をそのまま置いて行ったようで、都合よく干す場所が既に確保できているので、クリップで止めるだけだ

隣のチャリダーくんも、起きたようで少し遅れて出てくる

彼は昨日の船で来たようで島はもう一周したので今日の船で出発する予定とのことだ、朝食を作った後は撤収作業を行っていた

僕も朝ごはんをと食パンを食べようとしたらカビていた・・・もう賞味期限を5日過ぎて台風の時も自転車に括りつけたままにしてたからなぁ・・・そりゃカビるよなぁ

カビた部分だけ取り除けば食べれるとも聞くが、どうやらそれって嘘っぱちらしい、目に見える菌類ばかりじゃないそうで、目に見えるようになってるときには、それはかなり汚染されているのだそうだ

自転車乗りだなんて身体が資本なわけですし泣く泣く処分・・・まぁ50円くらいなんだけどね

残りの他のパンを食べて朝食とする

久しぶりに自転車の荷物をほとんど取り除いて島一周に8時ころ出発

自転車が軽い、軽くて別物のようだ、ひとこぎすればグイグイ進むぞ、やっぱりあるとないとで違うなぁ

反時計回りに移動する計画をたて北へ、そうすれば帰るときに奥尻市街地を通るので調度良く食料品が手に入るんだろうなという狙い

宮津弁天宮、賽の河原経由、観光

島の北側は道路は悪く、一部未舗装路もあった、雨天、冬季には通れなくなるような場所らしい

また、結構坂がきつい、海を見ていたと思ったら短い距離で350mまで登らされている

通った道の最高地点あたりには自衛隊レーダー基地への分岐点があって、ここでも自衛官を見かけた

のちに島の人に聞いたのだが、島中のあちこちで自衛官を見かけるこの風景は奥尻では一般的らしい、北にロシア、西に中国があるで結構重要な基地らしいよとのこと

登り中は森中でたいして景観が良くはなかったけど、下りに入ってからはとても見晴らしがよく、島西側は海岸線沿いの道で走っていてとても気持ちがよく景観が良い、まぁ奥尻まで来たのが、頑張ってきてよかったかなと思える瞬間である

ただ、この辺り民家がほとんどなく、また食料品店に至ってはまったくない、あるのは奥尻市街と青苗地区だけなので、奥尻島を周る予定の方は注意されたし、幸いにしてセイコーマートが朝6時からやっているし

僕は買い置きしていたパンやらがあったのでそれを持って行ったので、なんとかなったけれども

また西側にはワイン工場があるのだけど、前日以前に予約すればワイナリーの見学もやっているらしいので興味がある人は行ってみたらいいんじゃないだろうか

そんな絶景の西海岸を通り越し、奥尻空港へ行ってみる

僕が着いた時にちょうど飛行機が飛んでいった、小さなプロペラ機だったように思える

奥尻空港はとても綺麗だ、だが中に入ってみると人がまったくいない・・・

どうも函館と一日往復一便しかないらしく、さっきの12:45の飛行機が最終便だったようで、つまりまだ日中なので開いて入るが本日の営業は実質終了しているようなもの、そらスタッフもだれもいないわな

ここでしばらく休憩したんだけど、こんな綺麗な空港なのになんだかもったいない

そして、少し先の青苗市街地へ・・・・ここでお昼を食べようとしたんだけども、店に入ろうとしたら本日の営業は終了したとのこと

何時までやっていたの?と聞いてみたんだが14時までと言われて、まだ10分少々あったのだが、それでも営業終了したらしい

どうせもう人が来ないだろうと思って店を閉めようとしたところに僕が来て、面倒だからそのまま店を締めたいのだろう、なんというか島時間だよなぁ・・・

結局、持参していたパンを徳洋記念碑にて食べたのがお昼ごはん

その後は奥尻島津波会館へ、ここ奥尻には平成5年に大きな津波があり、この青苗地区は大きな被害を受けたらしい

僕が小さいころなので、まったく記憶に無い話だ

この青苗地区の被害が特に大きかったらしく、低い土地にあった家はすべて流されてしまったらしく、その時の写真、映像が展示されていた

思い返してみると、たしかに道中にあった家々は綺麗だったかもしれない

また高台に続く歩道橋が妙に立派だなとか、展望台があるんだなと道中思っていたものが地震対策として作られたものなのだそうだ

島一周していたときも、あちこちに立派な堤防が見かけられた、ちょっと異様といっても良い光景である

津波対策がほどこされている地域として海外(フランス)の新聞紙からも取材があったのだそうだ

東日本大震災で大きな津波被害があったのだけども、そうなると先進的な対策をしていたこととなる

しかし、これほど大掛かりな設備を東日本の被災地、ひいては日本全国に沿岸線沿いに施すとないうのはどうなんだろうか

離島一つに対策を施すのとは違う、土建の雇用を生むことにはなるだろうが、しかし、仕事が足りないような昔とは今は時代が違う、新しく作るより今あるものを維持する時代に移ってきていると思う

たしかに、国民の生命財産を守るのは国家の義務だが、先進モデルではあるこそ、実現は難しいんじゃないだろうか

その後は、奥尻市街地を目指し、佐藤義則野球展示室へ・・・

ノーヒットノーランをした島の偉大な野球選手らしいが知らないぁ・・・そもそも僕は野球に詳しくないのだし

しかし、わざわざ箱物まで作ってしまったくらいだし、フェリーターミナルにも看板を立ててあるくらいだから、島民がどれくらい熱を入れているのかはわかった

あと、どちらもへんてこな釣鐘岩とうにまるモニュメントを見てから市街地へ出向き、夕食の買い出し

勝ったは豚こま肉、焼きそば、酒なのだけど、それぞれ肉は精肉店、焼きそばは個人商店(お肉は冷凍しかない)、酒はセイコーマートと1箇所においてなく違う店で買わなければならないず、いやスーパーが出てくる前の商店街ってこんなRPGのお使いみたいなことしなくちゃいけなかったんですか?

その後、テントまで戻ってくるとなんやかんやで18時ころとちょうどいい時間で自炊を開始

久しぶりのお酒美味しいっす、焼きそばもまとめて3玉ぺろりと食べちゃった!

旅行してから気づいたのだが、焼きそばって安くてお酒に会いますね

さて、ここで就寝・・・と行きたいのだけど、天気予報を見ると明日の午前中は雨なんだよなぁ・・・

雨の中のテント撤収・・・非常に嫌である

なんとか、どっかよいひさしはないの・・・?とか思い、キャンプ場を見回してみると、なんとトイレがある建物の真ん中が休憩スペースになっているだと・・・?

試してみると開いた・・・既に真っ暗になっていたが濡れたくない一心でテントをたたみ、この中で寝ることにした

床が畳になっているけど、虫の死骸があちこちになってあまり衛生的には見えず、それほど管理されているようには思えない・・・

マットを端っこにしいておいた、コンセントがあったのでさして見たら電源は通っているようだ、これにて本日就寝とした

DSCF9506DSCF1814DSCF1815DSCF1821DSCF1824DSCF1849DSCF1850DSCF1858DSCF1885DSCF1892DSCF1906DSCF1921DSCF1929DSCF9482DSCF9503

日時:2016年8月25日
総走行距離:
費用↓

アイス 120円

焼きそば 140円

お肉 120円

酒x3 330円

コーラ 130円

広告
adsense336x280
adsense336x280

フォローする

広告
広告
adsense336x280