モクバイ(ベトナム)~バベット(カンボジア)を陸路国境越え、賄賂要求は断って無料で自転車と通行したぞ

ワイロ払わなかったから無料ってなんだよ!最初から無料なんだよ!

っていうセルフツッコミは置いといて、モクバイ(ベトナム)からバベット(カンボジア)へ陸路国境越えしたときの記録です

広告
adsense336x280

モクバイ到着

天気は快晴!

無事にモクバイに到着です

食堂やカフェ、商店がが何店舗かあるくらいの小さな町でした

僕が通ってきた中国との国境とのモンカイとは大違いです、どうでもいいですがモンカイとモクバイって名前が似てて紛らわしいですね

むしろ、国境の街としての機能はもう少し10kmほど東の街が担っているように感じました

ちょっと脇道に入ったところに商店があったので何か買おうかと入ってみたのですが「イミグレはこっちじゃないぞ!向こうだ!」と何人声をかけてくれました

DSCF3068

国境少し前の見張所

基本的にスピードを落とさないバイクがみんな、ここの前でだけは一度降りて少しだけ歩いています

僕は面倒くさいから知らないふりして走ったけども、何も言われなかったが・・・

DSCF3071

これがモンカイ(ベトナム)側のイミグレーション

車両は両端から、歩行者・自転車は中央の建物内を通って行くようです

DSCF3075

車椅子も通れるようなしっかりとしたスロープも付いてました

どうすればいいか分からずに立ち止まってたら両替商のおばちゃんが教えてくれました

その後、当然「ドルに両替するよ!」と商談に入りましたが、たくましいです

出国手続き開始

中に入ると、いきなり喫茶店があります

DSCF3074

X線検査機と金属探知機がありましたけど職員の人が居なかったため、そのまま通さずに突っ込んだんですけど何も言われませんでした

これは入国したときも同じでしたね・・・

中国側は二回も荷物検査したのに、ベトナムでは一回もしなかった・・・

いい加減だなぁ・・・

東興(中国)からモンカイ(ベトナム)へ初めての陸路国境越えをしてきました といっても、この少し前に香港・マカオで似たような境界越えはしてきた...

DSCF3073

出国手続き待ちですが、ちょうど僕と同じ自転車旅行者もレーンに並んでました

DSCF3072

レーンは「VIP」「Tourist」それとフランス語?で書かれたの3つありましたが、Touristが閉まっていて2つしか空いてませんでした

VIPじゃないよなと思って、フランス語?の方に並びましたがどれに並んでも良いようでした

ワイロを請求されるも突っぱねる

並び始めるといきなり職員らしき男が話しかけてきました、上下濃紺の服装をしていて、なんだか清掃員のおじちゃんっぽいなと思いました

そしてスタンプ代として5ドル出せと言ってきますので、僕は答えました

僕「5ドルってなんだ!なんで払わないといけないんだ?」

男「スタンプ!スタンプ!」

僕「大使館で確認したけど国境でお金を払う必要はないって言ってたぞ!何で払わないといけないんだ!」

といった具合の話を下手な英語で必死に伝えようとまくし立てました

本当に伝わっていたかどうかは分かりません、というかたぶん下手すぎて伝わってません

けど、僕の払わないからな!絶対払わないからな!みたいな意志は伝わったのか、存外すんなりと引いていきました

そして、イミグレーションの出入り口の方に向かっていって僕がいる間はもう見かけることはありませんでした

なお、周りにもベトナム・カンボジア人らしき人、それ以外の国らしき人もいましたけど特に何をするでもなく列に並んでるだけでした

やっぱり日常的なことなんでしょうかね・・・もうちょっと何かリアクションして欲しいなぁ・・・

前々から賄賂の話は聞くし、GoogleMapの口コミにも賄賂の件について書かれてたりしてますし話は政府機関の方にも言ってると思うんですが、まぁ改善する気がないでしょうね~

ベトナムって警察組織も腐敗してるらしいし

それでスタンプは無事に貰えたの?

まったく何も問題もなく貰えました、普通に手続きしてくれました

先に書いたように僕と揉めたあとワイロを求めてきた職員も出入り口の方に向かっていきました、スタンプを押す入出手続きを押す職員とは逆方向です

別段、連絡を取り、結託して何かしている様子はなかったです

まぁ、レーンに並んでる最中、すぐ近くで騒いでいたのでこちらのことには気づいていたかもしれませんが・・・

ビザ最終日だったので、もし本当に貰えなかったら危なかったです

そうなってたら、きっと日本大使館に電話をかけて事情を話、助けを求めてたことでしょう、道理が通ってないのは向こうなわけですし

無事に出国手続き完了

出国手続きを終えるとすぐ免税店があります

せっかくなので入ってみます

DSCF3081

まだベトナムのイミグレーション施設内なのに料金がカンボジアでよく使われてるドル表示になっています

しかも、免税店といいながらベトナム・カンボジアの物価から考えると間違いなく高い値段設定です

韓国のお酒とか売ってました、免税店で普通のものを安く売って欲しいんですけど・・・

たとえば自国産のものとか・・・きっと安いものしかないだろうし・・・

DSCF3083

ベトナムのイミグレーションは出国側もスロープがあって自転車と車椅子に優しいです

DSCF3085

何か塔が立ってました

DSCF3086

緩衝地帯に入ります

DSCF3087

野原が広がってます

カンボジア側まで大した距離じゃないと思うんですがバイタクらしき運ちゃんとトゥクトゥクがそこらに居ました

DSCF3088

仲が悪いベトナムとカンボジアの碑

ついでに背景に見えるようトラックもそこらに路駐してます、この緩衝地帯、それでいいのか?

DSCF3089

DSCF3090

カンボジア側イミグレーションへ

なんとなく東南アジアらしさが増してきたというか、中国文化圏から抜け出したなぁ~みたいな建物が立ってます

なんか遠くまで来たんだなって気がしてきますね

DSCF3091

道祖神も中国っぽいものから、インドっぽいものなりました

DSCF3093

クメール文字さっぱり読めない、文字を文字として認識できない

DSCF3094

カンボジア側でまたまた賄賂を請求される

カンボジア側イミグレーションに近づくと職員が近づいて来ます

そしてパスポート見せろと言ってきますので手渡します

カンボジアのバベット国境では陸路ですがアライバルビザを発給しているのでそれの確認でしょう

ですが、ここでビザを取ろうとすると賄賂と請求されると聞いていたのでベトナムのホーチミンシティにある大使館で事前に取ってきました

料金は大使館でとっても国境でアライバルビザをとっても同じ30ドルなので、本当なら国境でアライバルビザを取った方が楽なんですけどね

で、僕は既にカンボジアビザを持っていたわけなのですけど、やっぱりというかそれでも賄賂を請求されました

アライバルビザ発給所です、写真を取ったら怒られました

DSCF3099

賄賂を要求してくるのはアライバルビザを発給している職員じゃなく、この発行所すぐ前のベンチに座っている男がしつこく賄賂を要求してきました

しかし、アライバルビザ発行の職員、周囲にいる他のスタッフもこっちを見て何も言わないので関わる気がないかグルなのでしょう

右から二番目の手を差し出してる男が賄賂を要求してきた職員、写真を取ったら怒られました

DSCF3100

とりあえず僕のパスポートを見てカンボジアビザがあるのを確認すると入国手続きする場所を指差して教えてくれて、パスポートに一ドル挟んで渡すように言ってきました

何故、1ドルが必要なのかといった説明はされなかったと思います

僕は事前に調べて「なんやかんや理由を付けてお金を請求してくるけど、それは賄賂で払わなくても問題ない」と知っていたので、まともに相手するのも面倒くさくって「あぁ、わかった」とだけ返事して、さっさと入国手続きを済ませに行きます、当然、1ドルを払う気なんかありません

ベトナム側では5ドルだったので、5分の1、そう思えばずいぶんと質素な要求額なんですが払う必要がないものは払いたくないです

てっきりそれで終わりになるかと思ったのですが、入国手続きが終わるまでずーっとついてきて見張ってて横で「パスポートに一ドル挟め!」と言ってきます、思ったよりしつこくって面倒くさかったです

カンボジアは貧しいので、たった1ドルといっても馬鹿に出来ず、そんなに必死なのかもしれません・・・

とりあえず「OKOK」「はいはい」とかそれでも適当に返事しつつ待ちます

待ってる人は他にほとんど居なかったのですぐ自分の順番が周ってきました、一ドル札を挟んでないパスポートを渡して何もトラブルなく入国スタンプを押してもらいます

DSCF3096

入国手続き所にあった壁画もインドっぽくて中国文化圏から抜け出したなぁって感じですね

DSCF3095

DSCF3097

で無事に入国できたのですが、それでもさっきの汚職職員・・・まだ着いてきて1ドルを要求してきます

いや、もう入国してるのに何でだよ、面倒くさい・・・

DSCF3098

というわけで、さっさとバベットの街に入りましょう

念のため、出発する前に自転車の荷物を調べましたがイタズラされてる様子はなく何も盗まれてませんでした、そこまではする気はないみたいですね

DSCF3102

バベットの街を散策

カンボジア側の街に入ると早速、カジノがいくつか見えました

マカオを通ってきたので、それと比べればかなりしょぼく感じます・・・

どれくらい人が来てるんでしょうかね・・・

DSCF3103

雲行きが怪しいです

DSCF3105

と思ってたら降ってきたのでこのカジノホテルの下で雨宿りしました

こっちの雨はすごく強いんですが、すぐ止むのは良いですね

DSCF3106

案の定、ちょっとしたら雨が止みました

散策を続けます

イミグレーションを出て右側は市場になってました

DSCF3109

露天商のバイク

DSCF3110

何故か中国語の食堂がありました

メニューも中国語オンリーで値段設定も高かったです

DSCF3121

隣には上海リゾートという名前のバスが泊まってます

たぶんバベットにあるホテルの名前でしょう

きっと中国資本がこのあたりに多くあるのでしょうね

DSCF3112

雨上がり後の青空

DSCF3113

商店に入ってみます

こちらも中国産の商品がたくさん入ってました

カンボジアにさして工業生産力はなく自国生産は難しいでしょうから、位置的に近く輸入コストも低く安い中国産は魅力的なんでしょうか

DSCF3114

中国のお酒、紹興酒なども置いてました

DSCF3115

クメール語のコーラとファンタ

DSCF3116

ジュースを買ってみました

カンボジアではドルと自国通貨のリエルが両方が使えます

ですが、レジの料金が驚くことに「ドル」「リエル」更に「ドン」の三カ国通貨で表示されてました、さすが国境の町

DSCF3117

とりあえず大きいドル札を崩したかったのもあって20ドルで支払い

お釣りは17.25ドルと表示されましたが、0.25ドルはドンで支払いされました

5000ドンあったので1000ドン=0.05ドル計算ですね

DSCF3122

こっちにも20Lくらい入ってるでっかいウォーターペットボトルが大量に並んでた

DSCF3123

DSCF3125

さて、天気も晴れたので出発しますかぁ

カンボジア初メイドカフェを作った男[Kindle版]

ガッテン勝山 2016-11-19
売り上げランキング : 46405

by ヨメレバ

広告
adsense336x280
adsense336x280
広告