自転車旅行、ユーラシア大陸最南端に到着@2018年1月20日

DSCF6117[3]

目を覚ますと公園では地元の人らが散歩したり、バスケやったりしていた

とりあえず、朝飯食べながらぼーっと時間を潰して、イオンに行ってみる

よく分からない街のイオンだけど、しっかりイオンだなぁ

image[5]

↑子供向けの遊具、しかしよく見ると・・・

image[8]

↑黄蜂特攻隊!・・・大丈夫なんかな・・・?

image[11]

↑発狂したドラえもん

ピザがセールで安かったので買ってみる1つ2.9RMなところ3つで7.9RM

販売員の何故か非常に親切で電子レンジのあるところまで案内して手伝ってくれた、優しいなぁ

DSCF6131[3]

あと、今回の旅行にて初めてとなるSIMカードを購入

マレーシアの各通信会社の特徴は以下の通りらしい

digi→安めの値段設定だが、田舎などでの電波のつかみ具合はイマイチらしい

maxis→ちょっと高いが、値段分以上に通信容量が付いてくる

x-pax→マレーシアでもっとも電波状態の良い通信会社、値段と通信容量は普通

最初、x-paxが欲しいなと思ったが、探したがx-paxはキャリア店舗がないらしい

何かSIMを使うのに設定する本体の設定が必要だと思っていて、変な場所で買うのが心配だったからキャリア店舗ですることにした

だけど、店員にお願いした所、SIMカード刺すだけで設定をいじる必要はなかったらしい

SIMカードの値段はSIM8RM+トップアップ30RM=38RMで一ヶ月間使える

どの通信会社も1RMトップアップするごとに一日使える仕様らしい、つまり一日の通信代1RM(30円ほど)

そんなこんなで散策してたら居心地よくてすっかり昼過ぎになってしまっていたが、ようやっと出発

DSCF6143[3]

↑たびたび見かけるおかしな建物、何かなと思っていたら給水塔らしい

目指すはアジア最南端、遅くなったので今日はつかないかなと思ってたがなんか付いた

17時30分過ぎに到着したらなんかゲートが閉まってるんですけど

スタッフが居たので話してみたら、この公園、17時30分までで今日はもう終わりだとか言っている

え~、せっかくここまで来たのに!(自分の時間管理の件は都合が悪いから聞こえない)

というわけで、ちょっとだけ入れて!ちょっとだけ!とか言ってみたら、しょうがねぇなぁ写真だけだぞ?とか言いながら入れてくれた

DSCF6158[3]

今度は公園入口に着いたら、出店やってる人が「コングラッチュレーション!」とか言って歓迎してくれる

さっさと最南端を見なければと中に入ろうとしたらチケット売り場があって半分閉まりかけている!

ここでも、今日はもう終わりだぞとか言われてたが、わざわざ自転車で来たんだ!ちょっとだけ中を見させてくれと言ったらチケット売ってくれた

DSCF6159[3]

マレーシア人と外国人価格があって僕は21.20RMだった

更にもぎりの人にも今日はもう終わりだよ~とか言われたけど、けど僕チケット持ってる、買ったぞ!と言ったら、しょうがねぇなぁみたいな感じで入れてくれた

このなし崩しに進む感、いやぁマレーシア人は優しいなぁ

DSCF6167[3]

↑園内にある休憩所

DSCF6173[3]

↑砂浜というか浅瀬の上にある

DSCF6195[3]

↑最南端にあるモニュメント

DSCF6205[3]

↑11メートルも木の根の高さが有るマングローブ

園内を歩いていたら、日本語を話せるマレーシア人に話しかけれられた

久しぶりに日本語を話したが、どこから来たの?いつから旅行してるの?と普段と変わらない会話内容なのが何だかおかしかった

この公園にはキャンプサイトがあるそうで、野宿するなら今日はそこで泊まったらと教えてくれたが、猿がうろちょろしている

イタズラされないか心配だよなと思ってたら案の定、自転車に戻ったら猿がビニール袋を引っ張り出そうとしていた、やっぱり駄目だわ

結局、公園すぐ近くの廃墟で就寝した

広告
adsense336x280
adsense336x280

フォローする

広告
広告
adsense336x280