Lazy Load機能比較のため表示速度測定、WordPress標準・a3 Lazy Load・Cocoon設定オンのスコアチェック

WordPress 5.5から新しく標準機能として遅延表示速度が搭載されました

Cocoonテーマの設定をオンにした場合と、a3 Lazy Loadと使った場合とのウェブ表示速度を比較検証してみたいと思います

なお、今回、測定につかったページはこれです

【インド】山岳部で生活する人々@モレー?インパール(2020年2月)
ミャンマーからインドへ入国し、私もモレーからインパールへ向かう道中に住む山岳部の人々が魅力的だったから、ここに記録を書いておきたいと思うインド・インパール山岳部の好々爺の家夕暮れどこで野宿するかウロウロしている時、警察を見かけたので、ど...
スポンサーリンク

WordPress 5.5(標準Lazy Load)

PageSpeed Insights モバイル

Fast or Slow

スポンサーリンク

Cocoon搭載オン

PageSpeed Insights モバイル

Fast or Slow

スポンサーリンク

a3 Lazy Load

PageSpeed Insights モバイル

Fast or Slow

スポンサーリンク

まとめ

結果として

Cocoon On>a3 Lazy Load>標準Lazy Load

の順番になりました

まず、新しく搭載された標準Lazy Loadだけでも良い働きをしていてスコアを上げてるのだと思います

Cocoonの機能をオンにするのはそれをわいひらさんが研究して、カバー出来てない部分を補助というかテーマに合わせて最適化するようカスタマイズする機能なので単純にスコアがもっと上がったということですかね

a3 Lazy Loadはテーマに最適化されてない分、やや不利ということでしょうか

このプラグインを使ったとき、何度も計測したのですがTotal Blocking Timeのタイムが1.5倍くらい何故か長くなったので評価を落としてるのはその部分でしょうか

WordPressを更新して標準Lazy Loadを使うだけでもSEO的に強いブログになりますね

コメント

タイトルとURLをコピーしました