台湾コミケ?PetitFancy26(亞洲動漫創作展)に行ってきたのでレポートしてみる

最近、日本でもなにかと話題になる台湾オタク文化

そんな中の一つに台湾最大の同人イベントであるファンシーフロンティアがあるりますけど、これをよく日本では分かりやすく台湾コミケと呼ぶことがありますね

今回、そんなファンシーフロンティアと同じところがイベントを主催している、姉妹イベントPetitFancy26の方に行ってきたので適当にレポートしてみたいです

活動紹介を読むとそれぞれのイベント内容について説明されてますが中国語なので良く分かりません

ただ、読み取れる範囲だと、どちらも色々と理由を付けて日本の声優呼んで楽しもうぜ!と書いてある気がします

みんなホントに声優が大好きだよな~、何処の国でもオタクはオタクですね!だからまぁ、似たようなものでしょう、たぶん

活動簡介 | Frontier – 開拓動漫

ちなみに、ファンシーフロンティアでは日本語紹介ページを要してくださっていてなんとも日本人にフレンドリーですね~

日本からの同人サークル申し込み方法まで紹介されちゃっています

僕が今回したPetitFancy26でも日本から来ているコスプレイヤーさんを見かけました

広告
adsense336x280

1日目

会場は花博公園爭艷館

有名な士林夜市に行く途中の公園である

DSCF6963

入り口にどどーんとでっかく会場案内の看板がある

DSCF7082

けど、入り口エリアではいつもやっている出店が平常運転

DSCF7080

DSCF7085

ここではオタクイベント場所とは思えないほど、普通に市民の憩い空間が広がっている

DSCF6964

この爭艷館の中央広場スペースがコスプレ会場になっていた

DSCF6970

カタログ購入

まずは入場券代わりのカタログ購入

DSCF6969

カタログ中身を見てみる

こちらがペティーファンシーのカタログです

DSCF6975

入場の際に所持してるのを見せるだけじゃなく、中に入ってるチケットをちぎって渡します

DSCF6976

中身を見るとコスプレイベントの広告がありましたが、オーディンスフィアのコスプレイヤーがトップに使われてました

わかってるじゃないか!台湾!

DSCF6977

日本からも福山芳樹、鈴木このみが、今回、特別来賓としてイベントに来ているのだそうです

これはカタログトップなどでも大きく扱われました

台湾コミケの盛り上がりぶりと日本側からの注目度の高さも伺えます

DSCF6978

他のカタログ広告中身はこんな感じ

黒猫のウィズ、ICE on ユーリ

DSCF6979

新人漫画賞開催の告知かな

台湾産の漫画ってあるみたいだけど読んだことないなぁ・・・

DSCF6981

絵、こういうところに乗るものだからレベル高い

DSCF6982

DSCF6987

入場する

さっきのカタログに着いてたチケットを渡すと代わりに手にはんこが押されます

これが再入場する際に使われます、ディズニーランドと同じ方式ですね

DSCF6988

会場内の様子はこのくらい

人で賑わっていますが、コミケほど込んではいないし、殺気立ってもいないし、会場も大きくないです

なんだか、まったりとした空気が流れてます

昔、参加したサンシャインクリエイト、サンクリがこんな感じだったなぁと思い出します

コミケ以外の同人イベントってもう長いとこと参加してないですし、よく分からないですがコミケ以外の大きなコミックイベントくらいの規模なのかなって気がします

DSCF6989

海外でてから数ヶ月・・・

この駄目な空気!間違いない!同人イベントだ!オタクだ!日本の空気だ!

DSCF6990

レベルが高い絵、うっひょー!

DSCF6991

大きなイベント会場

DSCF6999

流行に乗っかってけものフレンズ絵がありました

インターネットがあるこの時代、台湾だって日本と変わりませんね

DSCF7003

進撃の巨人がコカ・コーラとコラボしてコーラを無料で配ってました!太っ腹!

台湾ではよく、「的」を置き換えて「の」にしてるみたいなんですが、進撃の巨人は進撃的巨人になってますね

どうやら、「の」という文字を台湾では可愛いと感じてるそうなのでイメージにそぐわなかったんでしょう

DSCF7011

僕も一本貰いました

デザインはこんな感じ

大量に持ってきすぎて余ったのか最後の方はがむしゃらに通る人に配ってました(笑)

DSCF7061

商業ブースではポスターがめった刺し、侍かよ、ビームサーベルが捗るな

DSCF7014

写真展スペース

コスプレ写真展と、なんと聖地巡礼写真展が解散されてました!

DSCF7024

HALOですね~かっこいい

DSCF7015

裏側、やっぱりかっこいい

DSCF7053

響けユーフォニアムと、ちはやふる、そしてラブライブサンシャイン

DSCF7017

シャーマンキング(マニアックだなぁ)、と花咲くいろは

DSCF7018

きんいろモザイクとアリアですね~

ベネチア僕も行きたいなぁ~

DSCF7019

DSCF7020

僕は友達がいない

DSCF7021

ご注文はうさぎですか?

DSCF7022

有名なけいおん

DSCF7023

ガールズパンツァー

DSCF7029

コスプレ写真展一覧

Re:ゼロは台湾でも大人気ぽかったです

DSCF7026

聖地巡礼写真展一覧

DSCF7027

イベント会場は二つあって、もう一つの方

こちらは小さめ

DSCF7033

商業スペースを見ていて思ったのですが、日本のオタク文化を輸入しているって側面が強いなと思いました

有姫物研究所さんのブース、見て分かる通りこちら商業スペース

ヨスガノソラの春日野穹がいるあたり、台湾人も分かってるな!

そして、Reゼロのレムもやはり居る

DSCF7034

こちらは緑林寮さんのスペース

DSCF7035

台湾でも大活躍の自宅警備員集団NEETさんたち

たしか、もともと日本の2chねらーが悪巫山戯でしたコスプレだったと記憶してますが、それが海外でもこうやって広まってるのを見ると面白く感じますね

DSCF7036

こちらは漫画家の養成所というか学校というか、そんな感じの募集?

DSCF7037

艦これは台湾でも第二斤

DSCF7038

クッションは俺も一個欲しかった

けど自転車してるからな・・・

DSCF7040

この連装砲ちゃんを背負ってる人を割りと見かけます

何年か前に台湾、台北に来たときも町中でバイクに乗ってる人が背負ってました(笑)

DSCF7042

みんな大好き抱きまくら

キャラクターはなんでしょ、オリジナル?

DSCF7043

落書きスペース

こういうのがあるのがコミケのように大きすぎず、殺伐としてないというか、まったりとした空気を感じさせてくれます

なんだか参加者同士の交流が垣間見えて和みます

DSCF7047

こっちは台湾オタクイベントのチラシ

DSCF7051

日本のプライズゲームの景品にでもありそうなちゃちなアニメ柄懐中時計

島風ちゃんのラバーストラップは一番くじのかな

DSCF7054

DSCF7059

人のコスプレイヤーは肖像権とかかんとか、色々とあるので自粛しましたので、犬のコスプレイヤーの画像を載せておきます

犬ですよ~犬、動物です

さすが台湾、日本と違って大らかですよね~

これは大神のコスプレイヤーかな?

DSCF7107

行ってみた感想まとめ

今回、イベントが行われたのは争艶館というところなのですが、調べてみたら床面積は6,000㎡らしいです(参照:Touch The Japan: 2017 第3回 日本の観光・文化エキスポ in 台湾 [出展エリア])

台湾コミケと言われる台湾で1番大きい同人イベント、ファンシーフロンティアもここ争艶館が会場らしいので規模としてはやっぱりこのくらいなのでしょうか(FF30活動場地交通資訊與兩日攤位配置圖 | Frontier – 開拓動漫)

ファンシーフロンティアはどうか分かりませんが、PetitFancyは二日間開催で、参加サークルもほとんどが二日間続投していてあまり入れ替えがありませんでした

なお、僕が参加したことがあるサンクリが行われているサンシャインシティの総面積は12,500㎡だそうです(参照:株式会社サンシャインシティ 展示ホールご案内)

だから規模としては半分くらいですね、ただサンクリってイベントスペース全部使ってたかなぁ・・・よく思い出せないや

そしてご存知、日本最大の同人イベントにして本家コミックマーケット、その会場である日本最大のイベント会場、有明ビックサイトは総展示面積は95,420m2だそうです

ついでに、幕張メッセは総展示面積72,000m²だそうです

はい、段違いですね、倍なんてもんじゃありません10倍以上です格が違います

最近、たびたび台湾のオタク文化!台湾コミケ!ファンシーフロンティアがすごい!みたいな話を聞く気がします

たしかにこの台湾、海外で日本のあの駄目な空気(笑)が感じられたことにはすごい感動しましたけど、とりあえずPetitFancyを見る限りに置いてはまだまだ日本がぶっちぎって変態だと思いました

それに日本のオタクイベントだと、ある程度、規模が大きいのは新しい情報の発信というか新商品の売り込みとかあったりします

しかし、PetitFancyではそういった台湾発のオタク文化の売り込みもあるのですけど、どちらかというと日本のオタク文化やオタクグッズの輸入、販売の方が目立っていたように僕には見えて、そこはちょっとイベントとして寂しく気もしました

というわけで、日本でもてはやされていますが、話で聞いていたほどではないかなというのが行った印象ではありますが、それはそれとしてPetitFancyは殺伐としておらず、みんな自由に楽しんでるのがわかる良い同人イベントでした

何より海外なので、やっぱり日本のオタクイベントとは少し空気の違いがそこかしらに感じられて興味深かったです

海外、台湾だから人が大らか、例えばコスプレだと規制もかなり緩いんでしょう、コミケよりかなり大胆な格好してたり長物を持ってたりと視覚で違いがよく感じられると思います

本当ならここの撮った写真を載せたいのですけどね~、許可を貰ってないので自粛しておきます

そしてコスプレブースは公園内で特に仕切られずにやってるのでちらほら通りかかる一般人、というかすぐ隣で開催されている台湾農作物展?

なんとなく、カオス、アジアンカオス、さすが中華文化圏の国、台湾でもあるぜ、といった具合にお国柄の違いが同人イベントに出ています

いやぁ~、台湾いい国だよなぁ~、いつかはファンシーフロンティアにも参加してみたいですね

萌える台湾読本 2012 (萌えるアジア)[Kindle版]

小泉優,クーロン黒沢 萌えるアジア 2016-12-04
売り上げランキング : 45426

Amazon[書籍版]
by ヨメレバ

広告
adsense336x280
adsense336x280

フォローする

広告