映画感想文:風立ちぬを見て来ました

映画代出しただけの価値はある作品でした
面白い好みの作品なのですけど
過去のジブリの名作群とは、どうしても見劣りするかな
そもそも、この作品のテーマはなにぞ?
今作のキャッチコピーは「生きねば。」となっています
このフレーズと広告時代はとても、視聴意欲を奮い立たされる素晴らしいものではあるのですけど
映画を見ても、キャッチコピーの意味は分かりません
何をやりたかったか、伝えたかったのか
映画を見終えて、今考えてもよくわからんのですよ
ジブリ作品ではもののけ姫に次ぐ、長さの映画のようです
それでも2時間という枠の中で
堀越二郎の半生を描く…とのことでしたが、時間が足りないのか、いささか詰め込み過ぎたか、もう少し構成をしっかり考えたのほうがよかったのでは?と思いました
前作のポニョから一転して、公開前のPVや事前情報から印象通り、歴史と実在の人物を題材にしてる分。大人向け作品になっています
ジブリは大人も子供も楽しめる作品…といったイメージが強いですけど
駿も、もう歳ですから、自分の作りたい映画をやりたいように作ったんでしょうかね

コメント

タイトルとURLをコピーしました