FUJIFILM Xマウントシリーズの防塵防滴レンズをまとめてみました@2015年冬版

ちょっとした気まぐれから、防塵防滴を施してあるレンズを調べてたのですが、私が愛用しているXマウントの防塵防滴レンズをまとめたサイトが・・・ない!?!?!

検索トップに出てくる富士フィルムのカタログやサイトはイマイチ見づらいんですよねぇ・・・

こんなの絶対おかしいよ!ということでXマウント版の防塵防滴レンズリストを作ってみましたとさ

広告
adsense336x280

Xマウントシリーズ 防塵防滴レンズ一覧(2015年冬)

焦点距離のワイド端が小さい順、同じ場合はテレ端が小さいものを先にしてまとめてみました

価格はAmazonのものがリアルタイムで表示されています、メーカー製品情報ページも併記しておきますので、参考にして下さい

フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR

フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR | 富士フイルム

フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR | 富士フイルム

フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR | 富士フイルム

フジノンレンズ XF35mmF2 R WR

フジノンレンズ XF35mmF2 R WR | 富士フイルム

フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR | 富士フイルム

フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR

フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR | 富士フイルム

まとめ:いつの間にか明るく軽い散歩向きな防塵防滴レンズが販売されてる!

35mm判換算約50mmという焦点距離で、F2というボケの表現も出来る明るさ、重量も170Gという軽さの面白い単焦点レンズがいつの間にか出てたんですね!

既に換算約50mmのフジノンレンズは販売されていて持っています

この焦点距離って、一昔前のオールドカメラの標準焦点距離らしいのですが、使い始めたころはズームレンズに慣れていたので、なんだこれ使いづらいなぁ!とか思っていたものですが、慣れてくるとこれがなかなか良いのです

普段とは違った目線で物が見た写真が出来てすごく楽しいんですよね!

しかも、このレンズは軽くて小さいので持ち運びも楽なんですよ

既にあるものとは、小ささと重量は受け継いでいるようですし、明るさは少し劣りますけど、ボケた写真は十分可能な明るさです

明るさの代わりに防塵防滴だから、雨の日でもで生兼ねなく出かけることが可能なのがメリットですね、面白い写真が取れそうです

これからフジ機を買う人はどちらにするか迷うかもしれませんね

この軽さなら、2つとも持って行っても負担にならないでしょうから、そういう選択肢も!あぁ、物欲が・・・!

防塵防滴を売りにしていて、センサーサイズも同じAPS-Cと競合するペンタックスは何故か、この焦点距離で明るい防塵防滴レンズってないんですよねぇ・・・

そして、どうやらオリンパス(マイクロフォーサーズ)にもないみたい

割と人気のある焦点距離だと思うのだけど・・・

ニーズが少ないだろうから、どうしても無難めなズームレンズになってしまうのだろうか

参考:Pentax Kマウント 防塵防滴レンズ一覧 (2015春) | トモデジ tomodigi.com

数値の近い、55mmF1.4のものはありますが、Canonの撒き餌レンズを持っていましてAPS-C機につけて使用していましたが、ちと焦点距離が長すぎて私には使いづらかった経験がありますし、少しの違いですが別な用途のレンズかと思います

って撒き餌レンズにも、新しいのが出てた・・・

ただ、代わりにPENTAXは、数は多いし、焦点距離の長い望遠レンズが充実していますねぇ・・・テレコンまであるし

Xマウントは防塵防滴に限らず、望遠が苦手です

ただ、私は野鳥を取るわけでもなし、短い焦点距離のレンズが充実してくれた方が嬉しいです

というわけで、XF35mmF2R WRはなかなか興味深いレンズなのでした

とまぁ、ここまで書いといてなんですが、富士機唯一の防塵防滴ボディX-T1を私は持ってないんですけどね!ハッハッハッハッ

だって高いんだもん・・・いや、キャノンやニコンのハイエンドやミドルエンドと比べればね・・・安いのは分かってんだけどね・・・

他に、もうちょっと安価な防塵防滴の機種か、ニューモデルが出たりして安くなったりしてくれないいものかなぁ・・・なんて

富士フィルム側としても、防塵防滴レンズを増やしていくのなら、対応したボディを増やすのも課題かと思うのだけど(と自分に都合の良いことを言ってみるのでした

広告
adsense336x280
adsense336x280

フォローする

広告