[漫画感想]GUNSLINGER GIRLをロリコン向け漫画と馬鹿にしてましたごめんなさい!

いや、この漫画がロリコン向けであることは間違いない、間違いないんだよ

だってさ、イタリア(西洋・ヨーロッパ)に、不自由な保護欲をそそられる美少女、それをいい大人(保護者)が使役する

ゴツい銃を握ららせて、テロリストとのガンアクションだなんてさ・・・いかにもだろ?

そこは間違いないのだけど、なんだかこの漫画を読み終えた時、それでもあぁ、なんだかとても感動してしまった

序盤はつまんないんだよ

むしろ、僕が読む前にイメージしてた、いかにもな雰囲気漫画でしかなかったのさ

ただ、それが読む進めていくうちに、登場人物ひとりひとりの背景が掘り下げられていって深みが出てくるんだ

そうなったら、僕の負けだった

エンジンが掛かって来るのは6巻くらいからな

個人的に、ペトルーシュカとアレッサンドロのペアが好きで、二人が出てきた辺りから面白くなってくる

ちょうど、この辺りが、各人の背景の掘り下げが一通り落ち着いて、物語の折り返しになっているように思う

ただの雰囲気漫画だったのが、終着点へ辿り着くためのヒントがぼちぼち出てくるようになるのもこの巻以降だ

掘り下げた背景から、各人の課題の、その答えの模索が始まる

そんな皆の姿に、とても感情移入してしまい、応援したくなる

そして得た結末

この物語の終着点、これをハッピーエンドと認めない人もいるだろう

ただ残酷な世界に抗った末の、「それでも」なこの些細なハッピーエンドは、このハードな世界観にマッチしており、ほんの僅かながら彼女たちが勝ち取ったような、何かが報われたような気持ちにさせてくれて、とても良かったと思う

なんだかんだ、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を取った作品だけある

この作品について、悪趣味だとか論理的に問題があるとか、批難する人も多いらしい

その批判はまったくもって正論で、最初に述べたように、まさにオタクがオナニーするのに非常に向いた素材で構成されている漫画作品だ

たた、それでももう一度言うが、この漫画は面白いんだよ

コメント

  1. より:

    ここは東京近郊とは呼ばない。
    正真正銘の田舎でしょうw

    地元がネット上でバカにされるので煽るような標記は避けてもらいたいです。

  2. こんにちは!
    記事中にも書かせていただきましたが、東京近郊という言葉を使っているのはJRであり、私はその言葉を引用させていただいています

    きっぷあれこれ > 運賃計算の特例:JR東日本

    ですので、もしこの語句が気に障るようでしたらJRに苦情を申し付けたほうが効果的かと思います

    ただ、私的にもたしかに太海という街は田舎びた景観のところではありましたが、位置的に見ると、とても恵まれた所かと思います
    隣には鴨川があり、側には千葉があり、在来線でも日帰りでなんとか都内にも遊びにいける距離ですので、青春18切符のときは特にリーズナブルです
    房総半島が東京近郊区間に組み入れられたのは、ここ6年ほどの間の話らしいので、首都圏の鉄道の整備が進めら、時間的な距離が短くなってきているというのもあるのかもしれませんね
    いずれにしろ、北国出身の私からすると同じ田舎でも、立地的に恵まれた田舎かと思います

タイトルとURLをコピーしました