[2015年度版]Skypeをよりお得にする決済通貨を調べてみた!

スマートフォンの普及とともにに、データ通信のみの契約でよく、安く通話が可能なIP電話の需要が増え来ているようで

ここ何年かで、国内大手のNTTが提供する050plus

スマートフォンの成長とともに強い市民権を獲たSNS「LINE」を提供する韓国ネイバー社の新しいサービスLINE電話

親会社を楽天に持つ、Fusion社のSmartTalkなどなど・・・

まさに、IP電話戦国時代の様相でして、いや~乱世乱世でありますが

私は、古くからサービスを提供しているSkypeを未だに利用し続けています

なんだか、近年、影がどんどん薄くなってきているような気はしますがね…

仕様によるものなのか、アプリを立ち上げてないど通話待受が出来ないの、古臭いというか、若干、面倒くさいですが

逆に、昔から続けられているサービスだけあって芸が細かく

通話品質については、他と比べて評判が良いですし

有料でSMSメッセージを送ることもできます

世界各地にある公衆無線LANにクレジットを使って繋げる、SkypeWIFIだなんていう、グローバルなサービスもあります

国内だとwi2ネットワークに繋ぐことができるみたいですね

たしか15円/分と割高なので使ったことないけど

他にも、通話料金のチャージ方法も多様で、WebMoneyにBitCash、NETCASHが使える…

というか、昔、クレジットカードを持ってない頃に、ネトゲのために買った電子マネーを持て余していて

Skypeを当てているのが、本当の、主な理由だったりするんですけどね、てへぺろ

スポンサーリンク

設定を変えるだけで通話料が安くなる

Skypeはグローバルにサービスを提供しているソフトウェアだけあって

その国ごとの通貨で、通話料を決められてますし、決済が出来ます

また、支払いに利用する通貨もマイアカウントから、簡単に切り替えることが出来るようになっています。

そして、この料金なのですが、マメに改定されているわけではないようで

円の相場の変動によって、お得な、もしくはそんな損な決済通貨というのものが出てきてしまうようなのです

そこで、今、お得な決済通貨が何なのか調べてみました

スポンサーリンク

お得な決済通貨がどれか調べてみた

まずは初めに話しておくことがいくつか

今回調べたのはSkypeクレジットの料金のみです

月額プランの方については、調べてないので、そちらを期待してきてくれた人にはあまり役にたたないかも、参考程度に思って下さい

また、今回のレート計算にはCurrencyというアプリを使って計算させていただきました

レート計算した日は2015年10月12日ですので、それ以降、大きな相場の変動があればまた、お得な通貨が変わってくるのでご留意下さい

また、調べる通貨も全ての通貨を調べるのは大変でしたので

Skypeの通貨別の料金について – Yahoo!知恵袋

2013年に、同じように外貨建てでの料金計算をされている方が居たので

その表を参考にさせていただき、主要な通貨と割安だった通貨を、6つ選ぶことにしました

Skype から直接電話番号に通話/料金表

こちらから料金表が見れるので

まずはじめに、各国ごとの通貨建てで、いくら通話料が掛かるか調べた表がこちらです

 

さて、次に載せるのは、日本円建ての通話料金を、その国の通貨に換算したときの表です

上の表と比べて、値が低くなっている通貨は、相場変動で円建て決済の方が安くになっている通貨

つまり、割高になっている通貨がお得というこですね

分かりやすい黄色を付けてみました

ほとんどの通貨が円建て決済の方が安くなっていますね

以前に価格改定されたのは、2014年2月16日

Skypeクレジットの日本国内通話料金がより安くなりました – – Skype Blogs

それから、アベノミクスの円安誘導で、基準通貨のドル円が20円近く安くなってるので

それに連動して、ほとんどの通貨が円安に動いてるため、外貨建てするのは、2年ほど前と違って損になってますね

唯一、ノルウェークローネだけが、円高になっています

あれだけ、円安政策をしていて、円高になっているってノルウェー大丈夫か!?

と、まぁそれは置いといて、ノルウェークローネを料金表を更に、円換算にしてみましょう

こういった感じに、すべての掛かる料金において、ノルウェークローネがお得です

これを、実際に通話した時いくら掛かるかを、日本円と比べてみます

Skypeは普通の電話と違い通話料金に、相手先に繋がったときに

プラスで接続料金というものがかかる料金プランになっています

つまり、計算式にすると

  1. 固定電話料金*分+接続料金(固定)=固定電話代
  2. 携帯電話料金*分+接続料金(携帯電話)=携帯電話代

となります

仮に、3分間通話するとしたならば…

となります。

掛かる費用の差が全面的に安いので、当然この差は通話すればするほど開いていくことになります

スポンサーリンク

決済通貨の変更方法について

一応、決済通貨の変更方法についてもメモしておきます

まず、Skypeのページから、マイアカウントにログインします

ウェブデザインは、そのときおりで変更がありますが

現在のデザインですと、画面下にある、アカウントの詳細という見出しの中にある「通貨の変更」という項目から建て通貨を変更することができます

こんな感じで、換算レートと、変換後の通貨額を表示してくれるため、分かりやすく、とても親切です

換算レートについて

手数料が高めに取られているようで、レートは悪いです

私が、今利用している通貨は英国ポンドなのですが

Currencyでは、£0.54=100円ですが、Skypeですと£0.57=100円になっています

三井住友銀行で外貨→日本での、今日の両替レートも調べてみましたが、おおよそ、£0.55=100円なので、銀行よりも悪いですね

まぁ、さすがにマイナー通貨の両替だと、銀行よりも良い状態になるとは思いますが…

クレジットは£9.18あるのですが、日本円に直すと、Currency換算ですと1694円のところが、Skype換算で1624円と70円程引かれています

ノルウェークローネに直すと、Skype換算だと、kr109.21になりました

これを更にCurrency換算で日本円になおしてみたところ1626円ですので、変換通貨が違っていても、ほとんど同じくらいの手数料が取られていますね

安い決済通貨だからといって、あまり変更するのは考えものですね

まとめ

というわけで、今現在のお得な、決済通貨はノルウェークローネでした

通貨変換に、手数料が70円程かかりますけど、元は取れるそうな気がします・・・

まぁ、いつまで今の相場が続くかは分かりませんが・・・

今後、日本が更なる円安に突き進めば、逆転して日本円が一番オトクな通貨になりますね

ただ、どうでしょうかね、相場は生き物ですから、分かりませんが

一応、要因を考えても、海外の経済情勢もあまりよろしくないようです

それもあってか、日本側のアベノミクス相場も、今のところ落ち着いてドル円も120円前後をうろうろしはじめてますので、しばらく続くような・・・

というか、それが分かるならFXでウハウハできますからね・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました