予備自衛官補を初受験!試験までの流れを振り返ってみようと思う 応募編

今月の12日に、市ヶ谷防衛省にて、予備自衛官補の試験を受けてきた
試験までの体験を忘れないようにメモしておこうかと思う
なお、予備自衛官補って何?って方はこちら参照のこと
大まかな試験までの流れもこちら
予備自衛官補:各種募集種目:自衛官募集ページ:防衛省・自衛隊
1.応募まで
予備自衛官補については以前から知っていて、興味があった
募集期間は今年は
第1回:平成26年1月8日(水)~4月2日(水)
と結構長い期間があった
資料請求をしたのが3月のはじめ、願書を出しのが4月1日と相変わらずおいららしく、ギリギリで動いている
最後まで、合格できるのか、合格したところで、訓練に行けるのか悩んでいたが、記念受験になってもいいから思いっきってやってみることにした
上のページから資料請求と同時に、メールフォームから受験と予備自衛官の業務内容についていろいろと質問出来た
そうすると、すぐに(当日、翌日中)には返信、電話がかかって来た
が私は絶賛旅行中だったので、無視…返事は3月末に持ち込んだ
その間に、資料が送られてくることはなかった
3月末に、ウダウダ悩みつつ、こちらから電話
メールに返信から分からないことを更に質問しつつ、受験を決意
応募期間ギリギリだったからなのか、なんと広報官の方が直接家まで来て、応募資料を投函していってくれた
また、応募資料の中に面接対策のマニュアル、試験問題の例題も入っていた
4月1日
赤羽にある広報センターまで直接行き、担当の広報官に手渡ししてきた
…そう、担当が付くのである
もう既に、迷惑を掛けてしまっているが、さらに試験までいろいろとお世話になることになる
試験日まで空いてる日があるなら、一緒に試験対策をしましょう!とのことだ居たせり付くせりの対応だ
民間会社はここまで面倒なんか見ない
実際に、練習がてらに受験する学生も居るらしい
何故、ここまで面倒をみてれくるか分からないが、やる気のある人間が差をつけることが出来るのは確かだ
また、この日だったかな?
試験会場が市ヶ谷に、試験日が12日か13日どちらかを選べということで、12日に決定した

コメント

タイトルとURLをコピーしました