予備自衛官補に志願したので受験当日の流れについて書きます

予備自衛官補の試験を防衛省にて受けてきました

その当日のことについて書いてみたいと思います

スポンサーリンク

市ヶ谷・防衛省に行き受付を済ます

4月12日

5時頃起床、久しぶりにスーツを取り出し着る、そして受験内容を予習しておく

受験の受付時間は7:40~8:10、30分と短い

私の受験場所は市ヶ谷、防衛省であった

普通は生きていたら死ぬまで入れない、私には縁のない場所にように思える

このことだけでも志願してよかった予備自衛隊補と思ってしまった

早起きしたがなんやかんやで8時8分頃くらいの到着になってしまった、なんとか滑り込みでセーフ

相も変わらず計画性のない人間で、我ながら大丈夫?と思ってしまう

正門入り口にて臨時の立入り許可書が渡され、敷地内は正門から試験会場前までバスで送迎される

施設内の受験者の移動時には、必ず誰か付き添わなければならないらしい

とセキュリティがしっかりしている、さすが防衛省・市ヶ谷、日本の心臓部の一つ

けど、帰り際に誰か一人いなくなったてたようで慌てていたけれども

試験時間は17時頃までと拘束と長丁場になる

しかし、ほとんどが待機時間(自由時間)で、実際の試験時間はかなり短い4時間くらいだろうか…

暇を持て余して携帯をイジったり、寝たり、本を読んだりしている人が多かった

私も、本を一冊持って行っていたのでそれを読んだりして、時間を潰していた

なにか、時間を潰すものを持っていくことを薦める

ちなみに僕は∀ガンダムのラノベを持っていった

午前のスケジュール

スケジュールは午前中は健康診断と口述試験だった

これは同時進行でやる

どちらが先になるのかはランダムだった

そして、健康診断も口述試験もそれほど時間はかからないのだが、何分、受験人数が多いので待機時間が長い

両方終えたら自由に昼食を取ってよく、全員終えたら午後の課題に移る流れである

口述試験

私は口述試験が先だった

健康診断が先だとスーツを脱ぐ必要があるし、着直して身だしなみがしっかり整えるのは、普段からスーツを着慣れていない私には手間なので幸運だったと思う

また、精神的にも面倒な口述試験を先にやれたことは良かったように思える

口述試験は、ほとんど、面接対策でやった内容がそのまま出てきた

面接会場は試験会場とはまた別にあり、そこでまた待たされる、それも含めて20分ほどで終わったと思う

健康診断

健康診断は戦争映画などで出て来るシーンのように、パンツ一枚になって流れ作業で受けさせられた

募集要項じゃあ、女性も受けられようだがほとんど男ばかりなようだ、うほっ

これがガリガリな奴もいれば、デブってる奴もいる、もちろんマッチョも居るけどいろんな人が受験していて面白い

最近は、ボクサーパンツがブームなんだなぁと、普段分からない下着の流行も見えたりする

健康診断は40分ほどで終わったろうか

検尿、身長、体重、歯、聴力、視力、関節に問題はないか、採血、病歴と、ひと通り調べられます

午前中と書いたが、実際は13時頃までこのときは押した

押したというか、どうも毎年こんなもんらしい

午後のスケジュール

14時ころから午後の課題が始まったかと思う

時計はあるが、秒単位まで表示してくれないので、腕時計を持ってくことを薦める、そうすれば安心できる

適性試験

これも事前に志願票を提出したときに、教えてもらったところががよくでていた

性格検査だけでなく、図形問題など頭を使わされる部分もある

筆記試験

中学校レベルとのことだが、社会人となり5教科から開放されて久しい僕には難しい

根釧台地(こんせんだいち)の読みとか出てきました

正直、ズタボロだったと思う、昔から頭が良い方ではない

そういえば、周りの人間は、平成生まれの学生さんがやはり多いっぽい

社会人となると訓練時間を作るのが難しいからねぇ、自由のない世の中である、なんだか年取ったな痛感させてくれる

17時頃に試験終了

帰りは団体行動で正門まで徒歩移動、なのだが列を離れるような人間とか居ましたが

許可書も返還し、これにてようやっと試験終了である

防衛庁近くのコンビニにはガールズアンドパンツァーの広告があった

別に特別に置いてるわけじゃなく全国キャンペーンなのだけど、なんだかマッチしている

あまり食べ過ぎると健康診断の尿検査で引っかかると事前に注意されていたので食事は意図的減らしていた

なので、試験がようやっと終わったからお腹いっぱい食べる

市ヶ谷に来たのなんて、たぶん就活中のとき以来じゃないかな

運動したわけではないのだけど、久しぶりのスーツと試験で非常に疲れた

発表は5月16日

受かっていればいいが…正直、あんまり自身がないなぁ…

健康診断はパスしたとして…

面接はもうちょい、なんとか出来た部分があったし、適性・筆記はバカなのでどうしようもない、酷い出来だろう

この試験結果が出てくるまで、生殺しを味わう感覚も久しぶりだなぁ

コメント

タイトルとURLをコピーしました