【聖地巡礼】ChuSinGura(忠臣蔵)46+1 武士の鼓動【京都(池田屋跡・丹虎跡・古高俊太郎邸跡・桂小五郎磯松寓居跡・安養寺・含翠軒・与兵衛写真館)】おまけ:NO MORE 痴漢!

2015年春、青春18切符の旅、米山駅を出た跡、次は京都へ向かいました

都内のChuSinGura46+1の巡礼スポットは回りましたし、偶然の要素があったとはいえ、新発田にも先回りして行っていましたし、なによりもいい作品だったので…

分かる範囲で、ChuSinGura46+1の聖地巡礼して見ようかなと…今回の旅の目的の一つはそこにしました

なんといっても史実からの引用ですし、ヒントも作中、散りばめられてましたので、グーグル先生にお伺いを立ててみれば、何処なのかわかりやすかったです。

スポンサーリンク

池田屋跡

池田屋跡は、なんとビックリ、今は居酒屋チェーン「はなの舞」が利用していて

当時を意識した、外観にしてくださっています。

いやぁ、粋ですね?。

他も、もっとこう、見習って、歴史的跡地では洒落たことをしてくれると嬉しいですがね

いい宣伝にもなるんで、利益にも繋がる気がするんですが…どうでしょ?

それとも、池田屋クラスの事件のじゃあないと、人来ないのかなぁ…

次、京都に来た際は寄ってみたいです

 

さて、背景画とは似ていると言えば、まぁ、ところどころ似てはいますが、参考にした程度ですかねぇ…

店の前の、立て看板については、池田屋事件について書かれていまいた。

昔の池田屋の写真も掲載されていましたが、う?ん…外観といっても一部だけで、やっぱり背景画とは違うんですよね?

当時の家屋の作りを参考にして起こした、オリジナルなのかな?

スポンサーリンク

丹虎跡

上記、池田屋の少し東の路地に丹虎跡の跡地があります

まぁ、作中でも話がありましたが

桂小五郎が池田屋事件の際に集合場所を間違えて、難を逃れたところですね

実際にきて、より実感できましたが、、いやホントに池田屋の側なんですね…

さぞ、背筋が凍ったでしょうなぁ…、一つの歴史のターニングポイントだったのだと思うと感慨深い。

ビルに挟まれて、真ん中のにある、形見の狭そうな木製のドア

そこが、丹虎跡だそうです

池田屋のビッグネームと比すれば、まぁ仕方ないでしょうけど、こっちは立て看板も何もないですねぇ…

興味があって、調べれなければわからない場所です

なんでも、丹虎跡は現在、金茶寮という飲食場に変わってるとのことなんですが…

店の看板…ないですねぇ…

いや、一見様お断りとかではなく、下調べした段階だと看板のある写真を見たはずなんですけど、潰れたんでしょうか…それとも、時間が悪かったのかなぁ…

一応、ドアの奥、路地には立て看板があるんだとか

スポンサーリンク

桂小五郎磯松寓居跡

丹虎跡より更に北に、桂小五郎が滞在していた店があります

驚くべきことに、当時、身を寄せていたという店と店名が変わっていません…さすが京都

まぁ、作中だと忠臣蔵組と宿を一緒にしてたので、ここに居たのかはまぁ…分かりませんが

近くなのでせっかくだから寄ってみるのも良いかと

まぁ、京都といっても、ほとんどが現代建築と歴史的建造物のごった煮なんですが

ここから、見れた風景は純和風建築物と、高層ビルの対比は。特に奇妙に思えます

さて、奥の高層ビルこと、京都ホテルオークラに行きますと、桂小五郎像があります

当然、男ですがね!

この辺りは、旧長州藩邸跡地だったので、その縁からだそうですが、この像作るの、何処がお金出したんでしょ

京都ホテルオークラさんが出したのなら太っ腹ですね

スポンサーリンク

古高俊太郎邸跡

まぁ、影が薄かったので、私用に忘れっぽい人のために書いておくと、池田屋事件の発端となる、長州藩に協力して拷問された人ですね、はい

先の、池田屋から少し南になりますが、十分歩いていけるところで近いです

この辺りの町並みは、京都に来たぞ!って感じさせてくれますねぇ…

こちらにも立て看板がありました

新しい世を見ること叶わず、道半ばにして倒れた人ではありますが、明治になってから位階を承ったそうです

学校で習うほどメジャーではありませんが、歴史のターニングポイントに関わり名前を残した、そんな商人ですね。

スポンサーリンク

安養寺

さて、また古高俊太郎邸跡から、東、八坂神社を上り、円山公園を超えた先に、安養寺があります

忠臣蔵メンバーが打ち合わせ、所謂「円山会議」をやった所ですね

写真に見える、立て看板に寺について書かれてました

円山会議は忠臣蔵のシーンでも有名だそうが、看板では忠臣蔵については触れられてなかったです

こちらによると、資料など何も残されてないとのことなので、だからなのかなぁ…

安養寺の中でも、会議を行ったのは重阿弥という建物だそうですが、そこも今はないんですね

スポンサーリンク

来迎院(含翠軒)

上記、安養寺からは八坂神社前から南に、バス一本。

泉涌通で下車だったかな

この含翠軒も、正確には泉涌寺に付属する来迎院にある茶屋の名前…でいいのかな?

この辺りは、歴史的風土特別保存地区とのことで…

バス停から降りたところでは、何も変哲のない普通の街ですが、山門を一度超えると、静謐さが漂う、別世界のようでした。

古くから天皇陛下と関わりのある寺院らしく、敷地内には宮内庁の事務所もありましたね?

こちらが、来迎院正門

作中では、含翠軒の名前だけが出てきたかな

堀部安兵衛ルートの、新発田の方でも寺社の名前は出してませんでしたかね

まぁ、宗教施設ですし…?具体名を出すのに遠慮したのかな

 

こちら、含翠軒を拝観料が必要です。たしか300円だったかな

お金はかかりますが…こういっちゃなんですが、小さな建物でした

11時頃でしたが、私以外に人はおらず、寺社の人も奥に引っ込んでいて、呼び鈴ならさにゃなりませんでした

あれなぁ、勝手に入られても気づかれないのでは?

なんだか、長閑なところでした

中には入れませんが、外から覗くことはできました

内装もほぼ一致していますが…

左のドアのようなところは、なんなんでしょうかね…

作中で、総理大臣うんぬんの説明があったかと思いますが、小泉総理ですね

当時、来訪された時の新聞記事の切り抜きがありました

含翠軒の隣の建物が、何処と無く新八ルートの背景画と似てましたが…

…まぁ、これは家屋の建築系統が同じで似てるだけかな

スポンサーリンク

与兵衛写真館

主税と写真を撮った所ですね

wikipediaの日本写真史でも、前の方に名前が出てきてます

寺町通沿いにあったとのことです、正確な場所は調べても分かりませんでした

作中では、古高俊太郎を訪ねた跡に寄っていて、近くにあるような描写でしたけど、結構、場所が離れていますね

位置的に見ても、やはり作中だと、磯松には滞在してなさげだなぁ

スポンサーリンク

アクセスについて

別に電車でも良いのですが、私は今回の探訪には市バス・京都バス一日乗車券を利用しました

駅から河原町三条、八坂神社から泉涌寺と

思ったより、市内の移動にバスが便利でした

グーグル・マップのルート検索にも対応してるし

バスが一回230円なので、3回乗れば500円の元が取れますね

まぁ、ここで紹介した所に行くだけなら、3回もバスに乗る必要なかったりするんですがね!

京都、観光するなら安価だし、なかなか良さげに思えました

まぁ、時間と天候が許すなら、レンタサイクルもいいですけどね?

以前、京都に来た時は、レンタサイクルを利用しました

歩けば何かしらの立て看板があるような、歴史ある街なんでなかなか楽しいです

まぁ、とりあえず観光に迷ったら、駅内の観光案内所にゴーしましょ

さすが、世界有数の観光地だけあって、外国語窓口なんかがあって出来るオーラが漂ってますんで

スポンサーリンク

おまけ:NO MORE 痴漢!

 

 

京都府警によるアメコミ風痴漢防止ポスター

銭形のとっつぁんかよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました