聖地巡礼記事:らくえん〜あいかわらずなぼく。の場合〜@有明・秋葉原 備考:月面基地前についていろいろと…

月面基地前から販売されたゲーム・らくえん〜あいかわらずなぼく。の場合〜の舞台探訪記事です、ら~

さて、前期のアニメではSIROBAKOが人気があったみたいですね~

まぁ、おいらは1話だけしか見てなくて、ちょろっと話を聞くだけなのですが

あれは、アニメーターが作ったアニメ業界のアニメなら

らくえんは、エロゲー会社が作った、エロゲー業界のエロゲだなぁと思うんです

んで、セガガガはゲームスタッフが作った、ゲーム業界のゲームですね

聖地巡礼記事:SGGG(セガガガ)@大鳥居駅・セガ羽田一号館・セガ本社ビル跡
【聖地巡礼】SGGG(セガガガ)@地図付/東京(大鳥居駅・セガ羽田一号館・セガ本社ビル跡)
ドリームキャストでセガガガを遊んだ事がある人なら、セガの所在地について私が語るまでもなく東京都大田区にあることを知っているだろう 京急羽田空港線から大鳥居へ行けばいいことを知っているだろう 多摩川がそばにあって、首都高、羽田口を...

それぞれ作品として楽しんで貰うために、もちろん嘘も入れてるでしょうが、自分たちの業界を舞台にするのだから彼らが伝えたい何かを存分に突っ込んできてると思うのですよ

だから、エロゲーが好きな人間なら、このゲームをやって心に響くというか、プレイ後に残るものがないはずがないでしょう

エロゲー業界だなんて、劣悪な環境、社会の底部で必死に藻掻いて足掻いて、薄々ダメだとわかっていて、それでもエロゲーを作って、やっぱりダメのダメダメで…

けど、そんなダメのダメダメゲームをつくっちゃう、ダメのダメダメな登場人物らなんですけど、なんというか、すごく好きなのです

燃えゲーとか萌えゲーとか泣きゲーでも別になく、すごく話に緩急のある、すごく面白い作品でもないのだけれど、ひとりのエロゲーファンとしてプレイ後にすごく心に残りました

このゲームは私にとって、ソウルエロゲーというか、バイブルといいますか、なんかそんなものです

このゲームに出てくる、ダメのダメダメな彼らを模範にして、わたしもそんな生き方をしてみたいなと不思議と思うのです

スポンサーリンク

東京ビッグサイト

IMG_7322.JPG

20101115.018.jpg

 

ここは昔から、変わりませんねぇ…

東京ビッグサイトが出てくる作品は結構、他にもありますんで、このときついでに他も回収してきました

そのうちポストしたいなぁ

スポンサーリンク

秋葉原

DSCN0028.JPG

 

20101115.023.jpg

もうちょい左よりでしたね…その上、夜の写真だし…

まぁ、横断歩道の上から、とらにゃいかないかったから、少し慌てていたんのですよ…

画角が違うのもあるんですが、背景画とはほとんど、一致してないですねぇ…

秋葉原も入れ替わりの速い街だし、もう10年以上前のゲームだから

もう、元から背景画が似ていないのかどうかもわからねぇや…

10年前だと、まだ住友不動産秋葉原ビルも、UDXも存在してません…

思えば、いろいろなパーツ屋が潰れていった…

これは、昼間に、正確な角度から撮り直さないとちゃんと比較できないですね

今度、秋葉原に行った時の宿題かな

スポンサーリンク

月面基地前についていろいろと…

まぁ、このゲームを作ったスタッフらは、TerraLunarから独立

月面基地前という、会社を立ち上げた分けなのですけど…

結局、独立したものの新しい作品を出すこともなく…

販売予定だった、TerraLunar時代の作品「ロケットの夏」「らくえん」の完全版も、「ロケットの夏」の方だけを販売して消えていくという

なんともまぁ、らくえんを作っただけある、エロゲー会社らしい幕引きを迎えた…のですが

なんかまぁ、4年前の2011年にホームページが突如復活活動を始めました

月面基地前のライターである、連悠太氏が「THE BEAUTIFUL WORLD」というゲームを、foca氏が執筆した「stardust squadron」という作品のビジュアルノベルを、テックジャイアンツで急遽、始めたわけで

これはまた、何か動きがあるか!?とたいそうワクワクしたのですが…

top of MoonBase.jp

…はい、またいつの間にかURLが失効していますね…

とこれまた、実にらくえんを作っただけある(略)

BasiLと同じ道を辿ったなぁ…

foca氏は、Twitterをやられていて、それによると、最近は、ニトロプラスからよく仕事を貰ってるとのことで、大正義である進撃の巨人や仮面ライダーの脚本を担当した…ってすんげぇ出世してるなぁ

一方、連悠太氏についてですが…

連悠太氏も、Twitterもやられていましたが

という、ツイートを最後に音沙汰がないです…

そうまるで、ラノベ作家のように行方知れずに…

共通するのは、どっちもブラックだということか…

連悠太氏もここらでババーンともう一度復活して欲しい…

結局、THE BEAUTIFUL WORLDについても一章完みたいな、中途半端な形で終わってしまっているし…

とはいえ、もうね、無理なのは分かってるんですけど、最後に言わせて下さいね…

ランナーズ・ハイははいつ出るんですかぁ!

せめて、男性ボーカル版、フルサイズのスターボーイ・エーテルガールだけでも聞きたかったよ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました