インドの枕売りはハンドメイドで目の前で作ってくれる

間借りしている部屋の裏手に奇妙なオヤジが来ていた

結果から言うと、枕売りのオヤジであった

日本人からすると、なんとも聞き慣れない奇妙な職業だがそう呼ぶのが的だろう、インドである

部屋の裏手で棒で綿を叩きまくっているオヤジ

部屋のオーナー一家が新しい枕を購入したようだった

最初見たとき、何をしてるんだと驚いた

渋いかっこよさみたいなのが溢れていると思うんだ

綿を叩いて伸ばしたら、袋の中に詰め込む

綿を詰め込んだらちゃんと計量してくれる、ただし手提げ天秤で

ちなみに「枕売り」でぐぐったら真っ先にアンサイクロペディアが出てきて、天秤棒で枕売りしてる画像が乗っていた

枕売り - アンサイクロペディア

適当さ溢れるインドという国だけども、中綿の量をちゃんと微調整してくれていた

どこかやっぱり適当なのかもしれないけども

中綿をちゃんと詰めたら、次は

糸と針を取り出して

オヤジの針仕事タイム

手縫いで綿を詰めた部分の穴を塞いでくれる

これにて枕の完成

注文すれば、中綿の量を調整して、自分好みの固さの枕が作れるかもしれないね

インドのお土産に、ハンドメイドの自分好みのマイ枕なんて面白いかもしれない、持ち帰るのにえらいかさばるだろうけど

おやじの仕事道具

綿と袋を荷物として自転車に積んで、あちこち走り回ってるのか

炎天下の下、お疲れ様でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました