ラノベ処分法を考える@まんだらけに売ってきたよ編

とういわけで、店に売る方向で考えることにしました

そういう訳で、どの店がいいのか早速、情報収集をしたのですが…

いやー、意外と情報がないもんですね

本の処分なんて、みんなやってそうなもんなんですけれど

一応、なけなしの情報をより集めたまとめがこれ

1.BOOKOFF

・買い叩かれる

・店によって買取価格がバラける

・本の古い新しいで値付けしてる?

2.古本市場

・少し古るいのは大した値がつかない

2.らしんばん

・古ければ一冊10~20円とかそのくらい

・買取不可は少ない

3.まんだらけ

・買取価格は比較的よい

・買取不可も多い

他にも、有象無象のネット買取している店はあるのですが…う~ん、とりあえず今回は家から近い実店舗があるこの3店舗で…

それと、これはあくまでも私がネットの噂をかき集めたまとめです

信じるも信じないもあなた次第

とのことだったので、とりあえずまんだらけに持って行きました

結果なのですが…

持っていった本の1/3ほどしか買い取って貰えなかったです

噂通りというか予想以上に返されましたね

家族で漫画売りに来た人がいたのですが、買取不可の多さに怒鳴ってました

ついた値段は35冊で1160円でした

一冊あたり約33円でしょうか

時間かかるのかと思ったのですが

目の前でPOSでバーコード読み込み。ささーっと終わりました

ついた値については、ほとんどが20円、ときおり50円、ごくたまーに100円でした

まんだらけには、以前、フィギュアを売りに行ったことがあるんですが、なんでその値なのか説明を交えつつ

目の前で一冊一冊値段を教えてくれるんですよね

私的にはこれって、すんごい好印象です

私は一回読んじゃうと大なり小なり思い入れみたいみたいなもの持っちゃうんで

あー、あの本が50円か。えー、20円なの?とか思いつつ見ていました

印象としてなのですけど、在庫数で値段つけてる気がします

あと店員のつぶやき

・二度読み返す人ってあまりいないんで、(古い本は)なかなか値がつかないですよね

・アニメ化されたものでも、新しくないと(古いのは)増刷されて在庫が多いから値がつかないですよね~

とか、いいつつ、とらドラの一巻が買取拒否されましたとさ

正直、そうは言われても、アニメ化されて人気作品だったので少しはマシな値がつくだろ~と思ってたんですが

帰ってからアマゾンのマケプレで調べたら303冊も出品されてます…あーこりゃ値がつかんわな~と思いました

と、ここまでの文章じゃ買い叩こうとしてるようにしか見えませんけど、プレミアついてるものについてはしっかり値を出してくれる気がします

ここが、ブックオフとの一番大きな違いじゃないでしょうか…

これまた、先ほど話したフィギュアのときの話なんですが、プレミア付きがいくつか混ぜといたんですが、相応の値で査定してくれました

その上、渋ると値上げまでしてくれました。まぁ、ヤフオクで売ったほうが高かったのでそっちで売りましたけどね(えー)

これが、大黒屋に持ち込むとヒドいんですよね

…まぁ、大黒屋のどこがひどかったのかは、今度また時間があったら書きますが…

とりあえず、大黒屋だけでは売るのは辞めましょうホント

話は戻って、戯言シリーズ(文庫本版じゃない分厚い方)とMissingが比較的高値で売れたかな?

まぁ、買取不可の巻も混ざってましたけれども

とりあえず、この1160円という値段は比較的高く売れたんでしょうかね?

今度は、残りの本を、らしんばんとブックオフにでも分割して持って行こうかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました