オーストラリアの入出国について【自転車ツーリング走行記録】

オーストラリアを自転車旅行したときの記録

オーストラリア出入国について

スポンサーリンク

ビザ

観光ビザにて3ヶ月滞在可能、90日ではないので注意

入国前にETAS にてeVisaを申請する必要あり、手数料は20オーストラリアドル

大陸にも数えられる広大なオーストラリアは3ヶ月だけではな足りないと思い、僕は一年間滞在出来るワーキングホリデービザをインドネシアに居るときに申請しててそれを使ってオーストラリアへ入国してる

ワーホリビザは労働して条件を満たせば最大3年間滞在できる

僕が行ったときは最大2年までだったけど、ルールが2019年に変わったらしい

他にも長期の観光ビザを申請すれば最大1年まで滞在出来るらしいが、申請のために必要な書類がワーホリビザより多い

僕場合だと海外でビザ申請を行ったので用意するが難しい書類もあったのでワーホリビザを選んだ

スポンサーリンク

入国

フィリピン、マニラからセブパシフィック航空にてオーストラリア、メルボルンへ飛行機で飛んだ

料金は自転車、預け手荷物代全部込で11899PHP、日本円で24000円くらいかな

フィリピンまでは自転車と船で走ってきたので初めての飛行機輪行だったけど、思ったよりは安かった

けど自転車のパッキングも初めてしたが面倒臭いのであまりやりたくないな、飛行機前日にキャリアを外してたらネジがぶっ壊れて埋もれてしまい、慌てて自転車屋に行って修理してもらった

オーストラリアでも対応はしてくれるだろうけど物価が高いのでそういうことはフィリピンで済ませておきたかったです

内訳は航空券代+預け手荷物40kgが9399php、自転車はスポーツ用品枠として別料金で2500php取られるが、これは預け手荷物枠とは別に20kg追加となる

スポーツ用品枠は電話でしか購入できない

だから流れとしてはウェブ予約して(このとき最大40kgまでの受託手荷物を買える)から、サポートセンターに電話して自転車を載せたいことを伝えて、スポーツ用品枠の見積もりをしてもらってからクレジットカード決済する

僕はフィリピン>オーストラリアというどちらも英語圏の国の移動だったけど、日本語のサポートセンターがあったのでそこで対応してもらった、便利だったわ?

言葉はちょっと怪しい日本語だったけどね?、中国人?フィリピン人?

入国するときにテントを持っていかれて入念にチェックされた

特定外来生物が食物防疫でうんたらみたいなそういう奴だと思う

スポンサーリンク

出国

オーストラリア、ブリスベンからニュージーランド、オークランドへAir New Zealandを利用して飛行機で飛んだ

料金は全部込みで382.41オーストラリアドル、日本円で約30000円、フィリピン>オーストラリアより近いと思うのに高いわ?

内訳は222.41NZDが飛行機代+受諾手荷物1st、160NZDが2st+3st

自転車は一個まで無料で、その重量は受諾手荷物に含まれる

受諾手荷物は一つ23kgまでなので23×3=69kgまで預けられた

それとは別に機内手荷物が7kgまで、手荷物1つ、パソコン等のお手回り品1つだけど、こっちはチェックされなかったな

コメント

タイトルとURLをコピーしました