幻想水滸伝2のクリア完了後感想@15年の月日を経て初めてみたベストエンディング

幻想水滸伝2は、だいたい15年くらい前くらいだったろうか

当時、プレイステーションでプレイしたのだが

攻略本もなしに遊んだので、当然ながら、108星を集めることなんかできなく

普通のエンディングを見て終わっちゃったんだよね

この前、なんとはなしにPSP版の幻想水滸伝1&2を見かけて

ベストエンディングを見てなかった、未練のようなものを思い出して

時間がないというのに、ついついプレイを初めてしまった…

とても、久しぶりにプレイしたけれど、やはり幻想水滸伝2は素晴らしいゲームだなと感じた

広告
adsense336x280

とても悲しく、よく作られているストーリー

友人同士、戦争という大きなうねりに巻き込まれ

求め目指すもの願うもの、戦う理由は、ふたりとも

ただ平和な世の中だというのに

運命のイタズラか、戦争という渦の中で足掻いていくうちに

二人は、それぞれの勢力のリーダーとなってしまい

それでも、仲間たちから受ける期待の、そして希望の存在として

争っていかなければならない

大切なモノは、今でも、三人であのキャロの街で過ごしたあの時間なのに・・・

そんな、悲しい戦争の過程と、結末は

プレイヤーのこころにとてもよく響く

やはり、今でも、幻想水滸伝2のストーリーの出来は秀逸だ

細かいところまで、作りこまれているゲームシステム

RPGではあるのだが、ゲームの本筋としても重要な。戦争の場面は

SLGになっていて、より戦争場面というのを理解しやすくなっている

また、ゲームのストーリーとしても、関係ない部分に

仲間を集めることで、発展していく、城システムや

料理イベント、目安箱や、風呂、探偵システムに、ミニゲームなど・・・

旧作主人公が出てくるだなんて、おいしいイベントもあるし!

しかも、操作可能で、最後まで連れてけるし!

ちょっとした、お遊び要素と、そのつめ込まれた密度がすごくとても驚かされる

ゲームにあったドット絵

PSという時代において、2Dゲームというのは時代遅れなグラフィックではるのだが

このゲームにおいては、ドット絵はとてもマッチしているし

決して、手を抜いているとは思わない

それに、幻想水滸伝1と比べれば、とても進化しているのもわかったし

手抜きではないキャラクターたち

ゲームストーリーを進めていても、同行者がいろいろと場面にあった台詞を言うのだが

108人+αも居るのよ!

それに合わせた、それぞれ台詞が用意されているはずなので、

たしかに、大勢としての、ストーリーの重要な部分に絡んでこないキャラクターも多いのだけど

ただ、キャラクターを用意しただけではない

ゲームシステムの部分に絡んでくるキャラクターも多いしね

とても、手間が掛かってるよね

それに、サブキャラクターたちにも、強い存在感がある

特に、悪としての存在を最後まで貫き通し、最後まで圧倒的な強さでプレイヤーを翻弄したルカ様は

もっと、RPG界の中で語り継がれてもいい

まとめ

RPGというジャンルの中では、FFやドラクエ、テイルズとか・・・

そんなのと比べると、いまいちマイナーなシリーズゲーではあるのだけど、やっぱり2は面白いよなと思った

まぁ、3で、世界観を監修してた、プロデューサーが抜けてしまったらしいので・・・

それ以降は、あまり評判もよろしくなければ、なにか世界観も過去に戻ったり

なんだか、迷走しがちなような印象を受けるので

それが手痛かったのかなぁ・・・

そんなのものあって、メジャーになれなかったんだろうな

広告
adsense336x280
adsense336x280

フォローする

広告