【食事レポート】中華手打ちラーメン馬賊【日暮里で担々麺を食べる】

日暮里に立ち寄ったので、前から気になっていたこの店にふらりと立ち寄ってみました

日暮里に行くと、ついつい「麺・酒処 ぶらり」の方に行ってしまいたくなるんですよね?
鶏白湯が超絶美味いのはもとより、あの冒険心をくすぐるちょっと奥まったところにある立地がたまらないんですよね?
けど、この日はまだ、開店してなかったのでせっかくだから、馬賊の方に顔を出しました・・・と

馬賊も、駅出てすぐ、さらに今の御時世に手打ち麺で、通りからガラス越しに麺打ちのパフォーマンスをやっているのが目立つ、昔からある有名店とのこと


メニューと料金はこちら
外国人客が多いのでしょうか?イングリッシュメニューも一緒くたです。グローバルワイドなグルメショップだな!

馬賊といえば、担々麺が人気らしいので私もそれを!
900円かぁ、1000円超えするのもあるしなぁ?、ちと高いかなぁ?とも思いましたが、今どき手打ちって、店側からすればスペース取るは手間だわ人件費あがるわだし、まぁしゃーない
一番安いノーマル700円は他の店とそう変わらないし、そこを評価するべきか!?


待ってる間も、厨房を覗くと麺打ちしていて、リズミカルな音が聞こえてきます


これが本場の担々麺なんでしょうか
胡麻の匂いもしなければ、赤っぽい色合いでもないです

いざ、実食!

ん、んー手打ち麺ってことに、すごーく期待していたんですが、食べてみると手打ち麺だから優れている!ってわけでもないっすねぇ?
むしろ、このふにゃ?んと柔らかめなのは、個人的な好みじゃあないです
博多ラーメンを食べに行くと必ず、固めで頼むような人間なんで…
なんか、ちと癖があるラーメンだなぁ?と思いました
別に不味くはないですよ?ちょっと独特だなぁ~ってだけで

とはいえ、次、日暮里に行った時はまた、ぶらりの方にいっちゃうかも

コメント

タイトルとURLをコピーしました