長期海外滞在するなら知りたい新生銀行の国際キャッシュカードのみにあるメリット

2467353179_f3dd87012a_z

The 24-hour service ATM – SHINSEI BANK. / mujitra

海外に置いて、現地通貨を得るには両替商を利用するもの良いですが、現金を持ち歩くのはリスクが大きいためクレジットカード・国際キャッシュカードを持ち歩き、現地ATMからキャッシングした方が良いです(私はそうしてます)

そんな国際キャッシュカードの中で新生銀行のものは維持費が無料なためか旅行者に人気があります

しかし、維持費はクレジットカードでも無料のものが多いですし、両替手数料の面でも比較するとクレジットカードに軍配があります

けれど、よくよく調べてみるとクレジットカードにも、他の国際キャッシュカードにもない新生銀行のみのメリットが新生銀行の国際キャッシュカードには存在し、他のサイトでも触れられてないようなので書いておこうかと思います

スポンサーリンク

有効期限が存在しない

2016-05-29_13h37_26

新生銀行の国際キャッシュカードには使用期限がありません

これはクレジットカード・他の国際キャッシュカードにはないメリットです

一般的にクレジットカードだと有効期限は発行から5年間となります

僕は新生銀行以外の国際キャッシュカードは持ちあわせていませんが、調べてみると他の国際キャッシュカードも同様に有効期限が設けられているようで、クレジットカードと同じく、基本5年毎更新になるようです

スポンサーリンク

有効期限がない理由

何故、新生銀行の国際キャッシュカードには有効期限が存在しないのでしょうか

それは、ただの銀行のキャッシュカードだからかと思います

ゆうちょ銀行他、国内の銀行引き出しのために使うキャッシュカードって有効期限ってありませんよね、それと一緒です

銀行にある口座に貯金するというのは、あくまで私達が銀行にお金を預ける(貸し出す)という意味になるらしいです

ですので、口座とそこにあるお金は当然ながら私達の所有物ですので、それに有効期限を設けること、有効期限が過ぎたら引き出せなくなることはおかしいという考え方で有効金言がないらしいです(そんなシステムだから休眠口座なんてものも出来ちゃんですけどね)

スポンサーリンク

楽天銀行他の国際キャッシュカードは実質クレジットカード

それじゃあ、他の国際キャッシュカードはどうなの?というと、国際キャッシュカードとは呼ばれていますが、現金引き出しの機能だけではなく、クレジットカード決済機能もついた物が最近は主流となっています

そう、キャッシングはあくまでも付属する機能の一つなのですよ

要はクレジットカードの一形態である、デビットカードやプリペイド型クレジットカードを国際キャッシュカードと呼称して売り出しているんですよね

クレジットカードというのは、あくまでクレジットカード会社から現金を一時的に借りる(代行決済)ためのカードです

先ほど書いた、銀行口座とは真逆になります

お金を借りる行為にあたるため、そのためのセキュリティとして有効期限があるのでしょう

デビットカード・プリペイドカードも即時口座からの引き落としを売りにはしていますが、カードに有効期限があるからには間に国際ブランドのクレジットカードのシステムを通し決済システムするという行為は、借りる行為に当たるのでしょうね

クレジットカードの事前更新は難しい

クレジットカードの事前更新は、発行しているカード会社によって対応が違うようです

三井住友VISAカードのFAQページにはちゃんと事前更新について書かれていました(さすがサービスを売りにしている会社)

Q. 有効期限が切れる時期に日本国内の登録住所でカードを受け取れません。更新カードを早めに発行することはできますか?

更新カードの事前発行をご希望の場合は、有効期限の6ヵ月前よりご相談を承っております。本会員さまよりカード裏面のお問い合わせ先にご連絡をお願いいたします。

FAQ詳細 -有効期限が切れる時期に日本国内の登録住所でカードを受け取れません。更新カードを早めに発行することはできますか? | 三井住友カード株式会社
三井住友カード株式会社、 「有効期限が切れる時期に日本国内の登録住所でカードを受け取れません。更新カードを早めに発行することはできますか?」のFAQ詳細ページになります。

とのことで、基本的に6ヶ月前からの事前更新になります

有効期限が5年なので、そう考えると、少し短いかなという気はします

年をまたぐほどの海外の長期滞在・長期旅行をこれからする予定する人には事前更新が厳しい人もいるでしょう

ただ、クレジットカードの海外発送をしてくれるクレジットカード会社もあるようです

こちらの方が調べられてました

海外移住時のクレジットカード再発行と更新 | チェンマイ・ロングステイ入門!タイ移住のススメ

海外滞在をする予定なら相談してみると良いでしょう

あちこち動きまわる、長期旅行者(バックパッカーとか)は少し難しいかもしれませんが、上手く利用することで旅行中に受け取ることも出来るかもしれません

また、緊急用のクレジットカード再発行というサービスを行っているところもあるので、有効期限がどうなっているかわかりませんが、こちらも長期旅行者は相談してみるのも良いかもしれません

手数料は高い

両替のための手数料は為替レートに4%上乗せしたものになります

クレジットカードはもとより、同じ国際キャッシュカードとして売り出しているものの中でも上乗せ手数料は高い方になります

ジャパンネット銀行や楽天銀行だと約3%

イオンデビットカードやソニー銀行だと2%を切っています

ただ、他の国際キャッシュカードはATM利用手数料や年会費が別途かかったりするので、ケースバイケース、少し判断が難しくありますが・・・

簡潔にいうと、たまにしか使わないなら安い、よく使う(多額の現金を引き出す)のなら高いカードになりますね

こちらのサイト様が、詳しく比較を書かれていて分かりやすいです

国際キャッシュカード 比較 – 自力で海外一人旅

実はSMBC信託銀行も有効期限がないものの・・・

SMBC信託銀行のキャッシングカードも外貨キャッシングのための有効期限が存在しません

また上乗せ手数料も3%と新生銀行よりやすかったりします

しかし、口座維持のためのハードルが高いんですよね・・・

口座維持手数料として毎月2000円がかかります

2016-05-29_14h48_14

手数料無料のための条件もありますが、こちらも厳しいです

海外在住しながらのトレーダーならいいかもしれませんが、それにしたってネット証券会社がたくさんある現在、ここを選ばなくてもいいような・・・

まとめ:新生銀行は海外にも国内でも作っておきたい銀行口座

海外滞在中にクレジットカードの有効期限が切れて使えなくなってしまった!

まぁ、そんなケースに合う人もそう居ないでしょうし、そうならないためにも海外に行くときは注意しておくべきことなのですが、万一そんなことになってしまったらお金がないというのは異国の地にいるのなら、本当に命取りになります

メインの国際キャッシュカードとして利用するのには手数料が高いですが、保険としてのサブカードとしては無料で作れるし維持もできるし、有効期限ないのでとても良いです

海外だけでなく、普通で国内に使うのにも、無料で利用できるATMがとても多いため使い勝手が良く、国内旅行するのにもよいキャッシュカードだと思います

旅行者なら、とりあえず作っておけば何かと助かるかもしれない銀行口座です

コメント

タイトルとURLをコピーしました