通知カードの方がいいんじゃね?マイナンバーカード(個人番号カード)が予想以上に使えなさそうな件

最近、証券会社などの口座開設にハマってまして・・・

それで、提出書類の中に、マイナンバーが必要なんですよね

それが、通知カードだと運転免許証等と合わせて二枚必要なですよ、書類が

しかし、マイナンバーカードだと、それ自体が身分証明書にもなっているため書類が一枚で良いのです

いつかは引き換えなければなぁ・・・と先延ばしにしてましたが、時期が来たかと思い交付方法を調べてたのですが・・・

マイナンバーカードは思った以上に使えないカードなようで、このまま通知カードで通していくことにしましたので、その理由をメモしておきます

スポンサーリンク

マイナンバーカードのダメな所

有効期限がある

マイナンバーカードには有効期限があります

Q3-13 マイナンバーカードに有効期限はありますか。

A3-13 20歳以上の場合は10回目の誕生日、20歳未満の場合は5回目の誕生日が有効期限になります。なお、通知カードには有効期限はありません。(2015年12月回答)

マイナンバー社会保障・税番号制度

成人でしたら、10回目の誕生日まで・・・約10年大丈夫だということです

一方、通知カードなのですが・・・

通知カードには有効期限はありません。
通知カードはあなたのマイナンバー(個人番号)を通知するものですので、大切に保管してください。
なお、マイナンバーカードの交付を受けると通知カードは不要となりますので、交付時に市区町村に返納することになります。

マイナンバーカード総合サイト/よくあるご質問

とのことでして、本来あhマイナンバーカード取得までの一時的なカードのはずなんですが、なんと有効期限がありません

マイナンバーの利用頻度は低いです

僕は今、証券会社を作るという、ちょっと特殊な趣味にハマっているので必要になっていますが、今までマイナンバーが出来てから使用したことは会社にマイナンバーを連絡した一度きりです

少なくとも、現状、そう滅多に必要になるものではありません

また、先に書いたように多少の手間が増えますが書類を二枚送ればそれでよいのです(同時にコピーしちゃっても大丈夫そう)

そのような中で、わざわざ有効期限付きの正式なマイナンバーカードに移行するのは億劫な物があります

しかも、マイナンバーカードと通知カード同時に持つことが出来ない仕組みです

理由としては

Q28マイナンバーカードを取得するとなぜ通知カードを返さなくてはならないのでしょうか?

社会保障・税・災害対策における各種手続きにおいては、マイナンバーの確認と本人確認の両方が必要となりますが、マイナンバーカードは、その両方を1枚のカードで行うこと ができます。
一方、通知カードは、マイナンバーの確認を行うためのみにつくられるカードであり、マイナンバーカードがあれば、通知カードを持っている必要はなくなります。
このようなことから、法令の規定により、マイナンバーカード取得の際は、通知カードを返納して頂き、返納された通知カードは市区町村において速やかに廃棄することとされており ます。

マイナンバーカード総合サイト/よくあるご質問

とのことです

ですが、完全な上位互換でない以上、通知カードを手元に残す選択肢も欲しいものdせう

まだ、始まったばかりですので更新手続きがどのようになるかわかりませんが・・・

必要になったときに、有効期限が切れる際に役所に更新しにいかなければならなくなるのも、期限が切れていて更新しにいくとも、とても面倒です

これを読んで、なんだよ、10年に一度ならいいだろ!と思う人も居るでしょう

けど、僕は物臭で役所に手続きにしにいくのがとても億劫で嫌です

だって!日中ですよ!平日ですよ!すぐに終わるとも限りませんし、休みが一日潰れてしまいます

会社だって、このために有給を使わせてくれるような所は少ないでしょう

他にも、免許証など更新・提出しなければならないものってありますし、これ以上、手間が増えるのは嫌なのですよ!

再交付にかかる手数料が高い

マイナンバーカードの対応についてはある程度、住んでいる自治体に任されているようです

というのも、調べても、ネット上だけですと、情報が乏しく(サイト内に書いてない自治体があるため)、手数料に関して、どこの自治体でもこのような対応なのかはわかりません

しかし、これから一例としてあげる東京都府中市では、通知カードより、マイナンバーカードにかかる手数料が高いです

マイナンバーカードのケース

手数料 1000円(マイナンバーカード800円・電子証明書200円)

マイナンバーカード(個人番号カード)の再交付申請について 東京都府中市ホームページ

通知カードのケース

再交付手数料 500円

通知カードの再交付申請について 東京都府中市ホームページ

通知カードを紛失・焼失または著しく損傷した場合、再交付申請が可能です。また、通知カードの再交付をせずに個人番号カードを申請することもできます(初回無料)。

通知カードを紛失・焼失または著しく損傷した場合、再交付申請が可能です。また、通知カードの再交付をせずに個人番号カードを申請することもできます(初回無料)。

練馬区の対応も同様

通知カードを紛失、焼失または損傷等した場合は、下記の申請を行うことで通知カードの再交付を受けることができます。手数料は500円です。 申請後、通知カードは地方公共団体情報システム機構より、転送不要の簡易書留で郵送されます。 また、通知カードを再交付をせず、初回発行手数料が無料の個人番号カードを申請することもできます。

通知カードの再交付について:練馬区公式ホームページ

とりあえず、通知カードをキープしておくのがベターなのでは

以上のように、不用意にマイナンバーカードを作ってしまうと、万一の紛失時に余計に手数料が必要になってしまいます

通知カードの方が再交付手数料が安いですし、通知カードを再交付せず、マイナンバーカードの発行手続きをしてもらえば手数料が無料(タダ)です

身分証として使えますがナンバーは見せないでください!?

マイナンバーカードを推進している、国のホームページを見ると以下の様な文面があります

Q3-8 マイナンバーカードはレンタル店などで身分証明書として使ってもいいのですか。

A3-8 マイナンバーカードには氏名、住所、生年月日、性別が記載され、顔写真があり ます。このため、レンタル店などでも身分証明書として広く利用が可能です。 ただし、カードの裏面のマイナンバーをレンタル店などが書き写したり、コピーを取ったりすることはできません。
なお、マイナンバーカードは、裏面のマイナンバーなどを隠すビニールケースに入れて交付されます。(2015年12月回答)

マイナンバー社会保障・税番号制度

へぇ~、こんな使い方が出来るんだ!便利だね!・・・と思ったら、オチとしてカードは渡しても番号は見せるなとはどういうことだ!?

だから、隠すためにビニールケースを渡すよ!・・・えっ!?

身分証明書として使うことを想定しているということは、運転免許証と同じ扱いをされるケースがあるということだと思います

そして、僕は手続き上、運転免許証のコピーが必要だから、相手に渡したことは何度もあります

このビニールケースがどのようなものかわかりませんが、僕が考えているものと同じだとしたら、その少し渡している間に、ビニールケースを外して、裏のマイナンバーを控えることは容易に思えます

これで、セキュリティには気をつけろよ!と丸投げするのはさすがに杜撰すぎるのでは・・・

この辺りは、会社にマイナンバーを預けなければならいのにも似たようなことが指摘されていましたね

世の中、証券会社のようにセキュリティが厳しい、まともな会社ばかりではありません

マイナンバーが流出してしまう可能性は低くない・・・どころかむしろ高いと思います

まぁ、流出した所で、何が問題なのか、僕はよくわかってないんだけどね

スポンサーリンク

マイナンバーカード必要な人とは?

僕の会社で、マイナンバーカードを取得した人がいまして、ついついなんでわざわざ取ったの?と聞いてしまいました

そうしたら、帰ってきた答えが、身分証明書として使いたかったからだそうです

なんでも、運転免許証もパスポートもなく、以前は住基ネットカードを身分証明書として使っていたそうです

ただ、これも、僕としは運転免許証もパスポートも持ってない人のほうが今の時代、レアケースなんじゃあないでしょうか

現状、マイナンバーカードを取得する一番のメリットって、これから手っ取り早く身分証明書が必要な人だと思います

また、セキュリティの関係からも住基ネットカードだった頃のほうが身分証明書として有効だったのでは・・・

マイナンバーカード6つのメリットはメリットなのか?

マイナンバーカードの公式サイトには、6つのメリットが書かれています

マイナンバーカード総合サイト/マイナンバーカード6つのメリット

ですが、どれも押しが弱いというか、別にマイナンバーカードじゃなくてもいいんじゃん!って内容に思えます

そんな中で、一番力を入れてるのはコンビニで各種証明書を手に入れられることらしいです

□ 住民票の写し □ 印鑑登録証明書 □ 住民票記載事項証明書 □ 各種税証明書 □ 戸籍証明書 □ 戸籍の附票の写し ※ お住まいの市区町村によりサービスの内容が異なります。

先に書いたように平日の日中に役所に行くことは億劫なのですよね

しかし、マイナンバーカードを一度手に入れれば(役所に行けば)、約10年は証明書発行のためにお役所に行く手間が省くことが出来るのは魅力的です

ですけど、これらの証明書って僕の人生を振り返っても、就職するとき、パスポートを作るとき、引っ越しした時くらいにしか使ったことがないような・・・

パスポートだって10年持つし、その間か後に結局、マイナンバーカードの更新手続きが必要になります

それに引っ越ししたときって結局、お役所に行って、転入届とマイナンバーカードの住所変更をしなきゃいけないっぽいです

よく分からない証明書もありますが・・・10年の間に何度も転職する人にはメリットがあるのかな?

けど、そんな先のことなんか、正直、僕にはわかりません・・・

そして、対応している自治体を調べたところ僕の故郷の青森は対応してないです

コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付【コンビニ交付】 | コンビニ交付がご利用できる市区町村

ふるさと納税の失敗もこれっぽいですが、細部を自治体まかせにしているんでしょうかね・・・

スポンサーリンク

まとめ:使いやすくないと国民はついてきてくれませんよ

と言う、以上の理由からマイナンバーカードを取得しよう!という殊勝な心がホンの少しだけ芽生えたのですが、国の方針から背いて通知カードで押し通すことにしました

マイナンバーカードの発行だってお役所に行かないといけませんからね

通知カード止まりにしている人の大半の理由は、恐らくお役所に行くのが面倒だからでしょう

更に言うなら、多くの人はマイナンバーカードを取得するメリットも知らなければ、マイナンバーそのものの意味もよくわかってないんじゃないでしょか(俺のことだ)

今後、改善されていく可能性はあるのですが、スタートアップで転けているマイナンバー制度は住基ネットと同じ道を辿るような気がしてなりません

マイナンバーが有効活用されれば、自治体で情報が一元化されて、脱税など把握がしやすくなるとのことなので(パナマ文章の国の対応を置いときつつ)、それは良いことだなと思います

けれど、マイナンバーカードに関しては、現状だとまったく根付いた感じがないどころか、既に忘れ去られてる気がするのですが、どうなっていくんでしょうかね、マイナンバー

私的には、有効期限があるのかネックだと思うのですが、身分証明書(顔写真)がある以上、どうしても仕方がない部分なのでしょう

ですので、もういっそ、運転免許証も、マイナンバーカードも一緒くたにしてくれるのがいいと思うんですがどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました