GoogleAdSenseが停止されないようSimplicityの関連記事をWordPress Related Postsに置き換え&簡単な方法を紹介

WordPressテーマをSimplicityに変えて非常に満足しているのだが

一つ気になったのが、スマートフォンでの広告の表示の見え方だ

私はGoogleAdSenseを記事の一番下と関連記事の下に表示させるように設定している

まぁ、一つのコンテンツの終わりに、広告を置くことで注目してもらいやすくする、オードソックスな手法かと思うのだが

記事によって、関連記事がなく表示されないものがあるのだ

そのとき、表示する機種によってはGoogleAdSenseが一ページ内に2つの広告が出てしまうことが分かった

GoogleAdSenseはモバイルコンテンツ向けのポリシーとして、それを認めてはいない

私が確認したところ、iPhone6 plusのような、画面が大きい機種ではそうなってしまうようだ

シェアボタンを大きくして、なんとか対応しようとしたがダメだった

特定の記事の、特定の機種という条件下でしかならないとはいえ、最近は画面の大型化が進んでいる

Googleがルールに非常に厳しく、恐ろしいのは「アボセンス」という単語で検索をかけるといくらでも出てくる

この間も、アカウント停止祭りがあったし

可能性は低いとは思うのだが、アカウント凍結という、最悪の事態にならないように、関連記事の表示の機能を、テーマにではなく、プラグインに任せて対策することにした

…いやまぁ、Simplicityの関連記事の関連付けは同一カテゴリから抽出しているのだから

そこは、しっかりと記事を書くとか、カテゴリの再分類をちゃんとしろよ!という意見があれば、まさにごもっとではあるのだが

・・・まぁ、人間誰でも、うっかりはあるので、転ばぬ先の杖である

それに、カテゴリーの再編が割と大変そうなんだよなぁ…

スポンサーリンク

必要なプラグイン

  • WordPress Related Posts
  • PHP Code Widget

試してみたところ、WordPress Related Posts も、基本的に関連付けられたカテゴリーの記事を表示する仕組みのようだが

見つからないときは、他のカテゴリから、とにかくなんでも、設定した数の記事を表示してくれるようなので

Simplicityで起こる「記事は見つかりませんでした」という表示がされることがない

なお、WordPress Related Postsの設定方法については下記を参考にさせていただきました、感謝

投稿記事に関連記事を表示するWordPressプラグイン「WordPress Related Posts」 | nekonomemo.net

スポンサーリンク

置き換えの手順

  • 外観→カスタマイズ→レイアウト(投稿・固定ページ)

「関連記事の表示」の設定があるかと思うのでチェックを外す

  • 上の記事を参考にWordPress Related Postsを設定する

 

  • 外観→ウィジェット

「投稿SNSボタン下」に「PHP Code」ウィジェットを配置する

WordPress Related Postsの表示にはPHPコード使うため、普通のテキストウィジェットだと表示してくれなかった

そのため、PHPコードをウィジェットで使えるようにするプラグインが必要だった

ウィジェットにはWordPress Related Postsを表示するための記述

<?php wp_related_posts()?>

 

を記入する

 

これで、関連記事の表示部分をWordPress Related Postsに置き換えることが出来る

こんな感じになりました

スポンサーリンク

まとめ

これで、非情なるアボセンスをくらわないように対策することが出来た

今回、私が置き換えした目的の副産物であるが

WordPress Related Postsの関連記事表示の機能は、さすが専用のプラグインだけあって

Simplicity標準のそれより、一歩、凝った設定ができるようになっている

関連記事の表示方法のさせ方を変えて、画像と記事タイトルのみをタイル型に並べるようにしてみたのだが

個人的にはこっちの方がシンプルで、同じスペースに多くの関連記事を表示できるから好みかな

また、このプラグインは表示させたい関連記事を手動で設定することもできるのだとか

GoogleAdSenseの件を抜きしても、よりブログのカスタマイズ性が向上し、なかなか良いと感じるので、試してみてはいかがだろうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました