2014年富士登山 須走口から山頂を目指す! 須走口登山道→山頂

2014-07-21 18.41.28.jpg

 

道中、ガスっていましたけど、須走口に付くまでに晴れました

19_06_38EOS Kiss X6i7537.JPG

須走口に到着したが19時
…家を出たのが13時頃なので、ここに来るまでだけで6時間もしてますねー
せっかくなので、登る前にまわりを散策してみます

19_09_02EOS Kiss X6i7538.JPG

トイレも、この時点で既に200円徴収されます

19_21_36EOS Kiss X6i7541.JPG

登山口にある店も既に、店仕舞いを始めていましたが
もうそろそろ、終バスの時間なので、帰りの下山客で賑わっていました

19_22_11EOS Kiss X6i7543.JPG

 

自販機も既に山価格です

19_21_31EOS Kiss X6i7540.JPG

19:30
須走口を出発

標高は既に2000m、もしかして、さっきのガスって雲…?

ここから山頂3776mを目指します

20_24_07EOS Kiss X6i7552.JPG

 20:30

周りがまっくらで、綺麗な夜空が取れそうだったので道脇にて、休憩しながら
夜空を撮影してみました

20_25_05EOS Kiss X6i7553.JPG

人通りも、まばらで吉田口と違い、須走口はとても真っ暗です
ただ、空を見上げるととても綺麗な星空があります
しばらく、綺麗な夜空をとるために試行錯誤していました

登り始めのときは下山客とすれ違うこともありましたが
既に日没は過ぎているので、急速に暗くなってきていたのですが
しっかりとライトを用意している登山客もいますが、スマホライトで代用しているような集団もいます
山は街と違い足場も、整えられてなくてとても危険です
怪我をしたら動けなくもなりますし、助けを呼んでもすぐ来てくれるわけでもないですし、天候が変わったならヘタすれば命に関わります

予定は狂うものですし、日帰りの予定でも明かりは持っていったほうがよいでしょうね
登山ガイドにも、そう書いてますし

20_26_25EOS Kiss X6i7554.JPG

山の上の方は、登山小屋で明るいです

2014-07-21 21.07.11.jpg

21:00
山小屋に到着
夜ですが、休憩されている方がたくさんいました
名前はよく覚えていないけど…たぶん、長田山荘というところですね
標高はまだまだ、2425m…先が長いです

21_54_21EOS Kiss X6i7563.JPG

22:00
もう少し高所まで行くと
駿河の街の夜景が一望できます
下の蛇行した明かりは、他の登山客のライトですね~
私、体力がないので道中、何人もの人に先を行かれました

まぁ、マイペースでいこう!

22_20_01EOS Kiss X6i7564.jpg

 22:30

もう少し、高所にて撮影
雲の上の世界の見渡せます

2014-07-21 23.02.45.jpg

23:00
ようやく、7合目、標高3090m,太陽館に到着です

 00_05_55EOS Kiss X6i7574.JPG 

0:00

標高3200m
見晴館に到着です
必死に登っていたら、いつのまにか日付が変わっていました
三重から登りに来たのだという、登山客と世間話をしながらまた休憩を取ります

00_01_12EOS Kiss X6i7569.jpg

 日付を跨いでも、駿河の夜景は美しいままです

00_06_26EOS Kiss X6i7575.JPG

 

小休憩をはさみ、また出発

 

 2014-07-22 01.15.04.jpg 

01:00

ようやく、本八合目に到着です
ここまで来ると、他の登山道…吉田口ルートと合流するため、すごい人の数です
夜間登山だし、街頭もないのに渋滞しています!
自分のライトがなくても、他の登山客のライトがすごく明るいので必要ないくらい…

2014-07-22 01.17.46.jpg

 

剛気にも、登山小屋の前でシュラフにくるまって野宿している人もいます
ご来光を観るために、山小屋から出発を始めた団体客もたくさんいました
この時点では、高山病もそれほど酷くなかったんだがなぁ…
ここまで、来れば前の人についていくだけですね

2014-07-22 03.26.49.jpg

3:30
やっと、山頂に到着です…
ご来光がある4:30まで休憩です…
既に山頂は人で埋まっていて、ご来光が見やすいポジションも既に取られていました

コメント

タイトルとURLをコピーしました