世界遺産登録の8日前に、富岡製糸場に行ってきたよ!工場内見学1

コチラの続きです
世界遺産登録の8日前に、富岡製糸場に行ってきたよ!富岡製糸場正門→工場内見学1 | 職業:魔法使い死亡

昨日、世界遺産に正式に登録されたことが、ニュースで流れていました
実際に行って、ニュースを見て、富岡の地元住民に愛されてるなぁ~と思いました
富岡製糸場の世界遺産には地元住民の努力の成果が大きい気がします

14_40_05EOS Kiss X6i6816.JPG
続いては工場内見学

14_41_16EOS Kiss X6i6817.JPG

14_43_20EOS Kiss X6i6819.JPG

14_44_25EOS Kiss X6i6820.JPG

14_46_35EOS Kiss X6i6821.JPG

14_46_39EOS Kiss X6i6822.JPG

14_46_44EOS Kiss X6i6823.JPG

14_48_44EOS Kiss X6i6824.JPG

14_48_49EOS Kiss X6i6825.JPG
こういった、ごちゃごちゃした配線は萌える!

14_49_28EOS Kiss X6i6826.JPG

14_49_36EOS Kiss X6i6827.JPG
昔の工場内の写真
富岡製糸場は「産業世界遺産」です
恐らく、富岡製糸場といって思い浮かべる光景は工場内にズラーっと並んだ機械かと思います
「あんな機械が昔から動いて、この日本の発展に貢献していたのか!」
・・・と思っていたのですが
間違いじゃあないんですけど、正確でもなく、あの機械は昭和41年頃から稼働していたものです
モロ戦後です
開業当時は、人力でやってました
んー、なんだかなー

14_49_47EOS Kiss X6i6828.JPG

14_50_26EOS Kiss X6i6829.JPG
こういった、広いスペースを確保できる建築も西洋式を取り入れた結果なのだそうです
それまでは、大黒柱ない建物なんて考えらなかったのだとか

14_54_02EOS Kiss X6i6832.JPG
この機械は昭和62年まで稼働していましたが、ここより少し離れた工場では今でも現役で動いてるのだとか!

14_54_04EOS Kiss X6i6834.JPG

14_55_28EOS Kiss X6i6835.JPG

14_56_56EOS Kiss X6i6836.JPG

14_57_44EOS Kiss X6i6837.JPG

14_59_31EOS Kiss X6i6838.JPG
左に鏡がありますが、昭和天皇陛下が映られたありがた~い鏡なのだとか
昭和天皇が工場見学の際に使用したらしいのですが、何分当時の天皇陛下は神様です
そんな、神様が使用した鏡を我々も使うのは恐れ多い!とのことで、ず~っと倉庫に仕舞っておいたのだそうです

14_59_48EOS Kiss X6i6839.JPG

14_59_53EOS Kiss X6i6840.JPG

15_00_28EOS Kiss X6i6841.JPG

15_00_45EOS Kiss X6i6842.JPG

15_01_09EOS Kiss X6i6844.JPG
工場正面から

15_02_59EOS Kiss X6i6845.JPG

15_05_43EOS Kiss X6i6846.JPG

15_07_07EOS Kiss X6i6847.JPG
東倉庫の一部は、富岡製糸場の資料館になっています

15_09_04EOS Kiss X6i6848.JPG
なんに使っていたわからないが、レトロな機会

15_36_26EOS Kiss X6i6862.JPG
富岡製糸場の世界遺産登録の価値について書かれています
要約すると「アジアで西洋式の建築・産業を取り入れた貴重な建物だよ~」ってことだそうです
産業革命は英国が発端ですし、産業遺産として世界遺産登録を目指すなら当然ですし
産業革命と近代化が世界と日本にもたらした恩恵と影響も理解できるんですが
何分、歴史が浅いですから世界遺産だ!とか言われても違和感を感じてしまいます
もちろん、世界遺産と一言でいっても、区分が細かく分かれていて、その中でも近代化に貢献したということでの登録なのは分かるのですが・・・
うーん、これは世界遺産=歴史があるという先入観から来てるのかな

ちなみに、近年、同じく世界遺産登録された石見銀山は文化遺産登録です

他の産業遺産はこちら
産業遺産 – Wikipedia

富岡製糸場についてはこちら
富岡製糸場と絹産業遺産群 – Wikipedia

15_37_11EOS Kiss X6i6863.JPG

15_41_13EOS Kiss X6i6865.JPG

15_41_31EOS Kiss X6i6866.JPG

15_42_00EOS Kiss X6i6869.JPG
今年の大雪で、倒壊してしまったそうです
復旧予定とありますが、こりゃ無理だろ…
立て直しになるのかなぁ

15_44_26EOS Kiss X6i6871.JPG

15_44_34EOS Kiss X6i6872.JPG
青空に映える

15_45_08EOS Kiss X6i6873.JPG

15_46_07EOS Kiss X6i6874.JPG

15_47_40EOS Kiss X6i6876.JPG
社宅だそうです
敷地内にあるとか、通勤は楽そうだが…

15_47_58EOS Kiss X6i6877.JPG

15_49_35EOS Kiss X6i6878.JPG

15_49_50EOS Kiss X6i6879.JPG

15_49_54EOS Kiss X6i6880.JPG
入り口まで戻ってきました

15_51_40EOS Kiss X6i6886.JPG

15_51_31EOS Kiss X6i6885.JPG

15_51_46EOS Kiss X6i6887.JPG

15_52_48EOS Kiss X6i6893.JPG

15_54_02EOS Kiss X6i6895.JPG

工場見学を終えて、駅に戻ります

コメント

タイトルとURLをコピーしました