新宿末廣亭の深夜寄席に行ってきたぞ!の巻

 

2014-05-03 23.02.01.jpg

5月3日・・・まぁ、先週の土曜日だが、新宿末廣亭で開かれている深夜寄席に行ってみた

東京に住み始めても、もう早いもので7年目になる・・・

以前、私が住んでいた池袋にも落語寄席があったので、気にはなっていたのだが日々の忙しさ・・・というかヲタ業にかまけるあまり、あとまわしにしていた

つい先日、巡礼で末廣亭に行くことがあった

今まで、後回しにしていたがこれは行くいい機会か・・・と思ったのだが値段を調べていると結構するもので入るだけで3000円もするらしい

話はそれるが、入場料を木戸賃というらしい、とても粋で良い響だ

落語というものに、興味はあるもののケチンボな性分なので、肌に会うかわからないし、こりゃまた見送ろうかな~と思ったのだが

少し調べてみたら、毎週土曜夜に、たった500円(なんて安い!)で深夜寄席というのをやっているらしい

スポンサーリンク

深夜寄席ってどんかなんじ?

3日はちょうど、仕事の日だったので帰りに寄ってみることにした

なんで安いのかというと、夜遅いからというのが一つ(21:30~23:00まで)

また、ふたつ目・・・という、見習い弟子の方々のみでの、寄せらしい

新人練習の場・・・というのが一つじゃあないだろうか

実際に入れ替えのため、末廣亭の前で並んでいたときに、集金に来るのは

後から知ったのだが、当日主演の落語家の皆さんだった

末廣亭が場所を貸してくれるが、準備は落語家の卵の皆さんが自分でやるらしい

 

入れ替えが21時だが、私は少し時間を持て余していたので9時少し前には来て入場席を並んでいた

既に15人ほど居たが、私が並んだ後もぞろぞろと後ろに列ができていた

満員御礼で、最終的な人数は100人以上居たのは確かだ

深夜寄席で検索を掛けると、若者に人気という記事が引っかかる

落語に興味あるけど、満額払うのはちょっと・・・みたいな、私のような層を取り込もという狙いもあるんだろうな

なんたってここは、新宿だから夜遊びしている若者も多い

2014-05-03 23.02.21.jpg

さて、この日は写真に写る四人が話したのだが感想は・・・

1.桂 翔丸

話には勢いがあるだけで、落語初心者の私には話に追いついていけない解りにくさ

2.春風亭 笑松

一人目よりは分かりやすさはあったが、そんなに面白い話でもなかったなぁ・・・

3.柳亭 小痴楽

文句なしで一番面白い

この人が居なければ、落語に対して厳しい感想になってただろうなぁ

日中はプロの方々が出張ってるわけだが、このようにわらいを提供してくれるなら、また行ってみたいと思えた

4.橘ノ 双葉

今晩、ただ一人の女性落語家・・・すまないが痛い・・・

スポンサーリンク

行ってみた感想

たったワンコイン、会社の帰りに寄れる立地なので、また寄ってみてもいいかなと思えた

500円で、2時間楽しめるなら映画よりお得ですよ!

末広亭の趣きのある建物と、相まって江戸文化の一端を感じられるのもまたよい

せっかく、地方から東京出てきたんだからね、日本人だもんね、楽しまないと

なお、写真左に写ってるんが、柳亭 小痴楽さんだ

ぐぐってみると、いろいろと出てくる・・・

 

柳亭小痴楽 ? Wikipedia

寝坊癖で破門って!

経歴もなかなかおもしろい人のようだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました