聖地巡礼もIT企業の手が入り、システム化・効率化される時代になったか

アニメの聖地をカンタン検索|聖地巡礼なら【聖地巡礼マップ】
先日、こんなサイトがオープンされたらしい
私が聖地巡礼というものを知ったのはおねがい☆ティーチャーからで
それ以来、ひぐらし、ハルヒ…etcと人気が出た作品と一緒に、聖地巡礼も盛り上がっていったが
その際、舞台探訪の情報ソースになっていたのは、探訪したヲタクらのウェブやブログだったと思う
それは、今も変わらない
ただこれだと、情報が散在しているので、ウェブ上にある二番手以降の巡礼者だろうが、ある程度のやる気が求められる
昨今は聖地巡礼に目を付けた自治体が巡礼マップを配っていることも増え、さすがに製作者バックアップもあり、とても完成度が高いけれど
個人宅など、大人の事情で削られていることもあるので、やはり完璧を求めたい巡礼者は情報をネットの海から引っぱり出さなければならなかった
だから…まぁ、情報が一箇所に集約されるとしたら、非常に便利だ
草の根的な活動が一般的だったとはいえ、別に似たような試みが今までなかったわけでもない
私が、よく使う、舞台探訪アーカイブや、アニメ&コミック聖地(舞台・モデル)マップがそうだが
前者はリンク集だし、後者は増加していく作品数に、システムが合わなかったというべきだろうか
ちょいっと、使ってみたが最近放映された作品、舞台探訪としてメジャーな作品は引っかかる印象だ
まだまだ完成度は低いけれど、今後、データ数が増えていけばなかなか使い勝手が良さそうだ
ただ…まぁ、別に聖地巡礼が目的でもないような、製作者サイドが情報を出すでもないような作品も多いだろう
特にエロゲとか、単に背景素材にしてること多いんじゃないかな
結局、ヲタク個々人の趣味で散策していった情報が重要になってくると思うんだが…
これは、舞台探訪するヲタの内の一人としての意見なんだけれど、自己満足的な部分が大きいんだよな
まぁ、つまるところ、新しい情報はヲタ個々人のウェブやブログから発信されていくんじゃないかなってこと
そして、情報が古いなら、どうしてもメジャーにはなりづらい
食べログとかだと、情報発信者にはIDを割り振って、やはり自己満足感を満たしていますけど…さて…
まぁ、便利になることは悪いことじゃないですからね~
データ数が増えていってくれれば私も助かります

コメント

タイトルとURLをコピーしました