続・凪のあすからが面白い

19話まで来たが、全何話なんやろかなぁ…
先週は、とうとう1期の絶対ヒロインのまなかが発見されるところまでいったが、今週はちさき視点からの物語にまた戻る
とゆうか、前に凪のあすから感想記事を書いた時もちさき視点からの話の時だったよなぁ。
15話も今回も、5年前と変わらない人間と5年間を生きた人間との対比
海側の人間でありながら、陸に残され5年間過ごしながらも、それでも5年前に囚われている、境界にあるちさきの特殊な立場が非常に面白いのだと思う
五年前、光とのことがありながらも、海側の人間として一番大人だった要の子供っぽい部分が見える
大人ではったが、中学生なのだ
同じく陸側の人間として大人であった紡は、5年間生きながら、同じく5年前に捕らわれて前に進むことが出来ない
大人ではあったが、紡は5年間ありながらも、そこから前に進むことができなかった
陸と海、5年前の人間と5年間生きた人間、違いはあるけど…もしかしたら似たもの同士なんじゃないのかこいつら…
変わりたくないと望んだ少女は、大人になって5年前の自分が分からなくなっていたが、光を通して少しづつ再確認する
そして、光は5年前も、その前も変わらなずに、前に進み続ける
いやぁ、面白いなぁ
可愛いの美海だけれど、一番好きなのはちさきかも知れない
さぁ、絶対ヒロインのまなか帰還、1クールの登場人物が揃い踏みかと思わせたが…
来週以降はどうなるのかなぁ~、どこかで、まなかは目覚めるか、いなくなるんだろうなとは予想しているけれど

コメント

タイトルとURLをコピーしました