ブログをAMP化したり、SSL化したり、アドセンス配置を考えたり、noindexを検討したりブログの最適化を考えました

ブログをAMP化・SSL化してるサイトが最近増えてきていて気になっていたのでなんとか時間を確保して、とうとう当ブログでも導入しました

すぐ終わる、簡単と書かれてるサイト様もありましたけど、僕が試した結果としては、持ち前の要領の悪さもあってかなかなか大変でしたね・・・

結局、だらだら一週間くらいかかりました

そんなわけで、試したことをメモ代わりまとめて見ようと思います

広告
adsense336x280

simplicityのAMP化機能で画像表示が崩れたのを修正した話

当ブログではテーマにSimplicityを使用してますが、SimplicityにはAMP化する機

能があるのでそれを利用しました

Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマ

最初はWordPressのAMPプラグインを試しました

GoogleはAMP化を推奨していますが、そのプラグインはWordPressを利用しているサイトに薦めているものでした

そんなわけで、素直に導入してみたのですが試してみて思ったことは

  1. AMP化しているサイトデザインがガラッと変わってしまいPC表示と統一性がない(デスクトップ表示は赤が貴重なのに、AMPだと青が貴重のデザインになってしまう)
  2. 画像データが何故か崩れて表示される

でした

そういった訳で、どうしようか調べてたたらsimplicityのAMP化機能があったことを知り、そっちも試してみることに

結果としてサイトデザインに関しては満足しました

image

けれど、やっぱり画像が正しく表示されない、もしくは比率が崩れて表示されるという現象が起きました

結果として、調べたりいろいろと試したり結果、解決方法は以下の通りでした

原因を言うと僕は以前にPicasa・Googleフォト・Flickrなど写真アルバムサービスから画像を引用、貼り付けしていることだった

どうも、Simplicity2の画像は外部サーバー(URL)の画像をレスポンシブではなく表示サイズを指定するよう設定されているらしい(理由としては外部サーバーに不可を掛けないな配慮だとか)

なので、以下のフォーラムを参考にこれをレスポンシブするように修正してあげる

AMPのタイトルロゴのサイズを指定する方法

これでFlickrの方は治ったぽいけど、Picasaの方は表示がおかしいままだった

image

理由としてはGoogleから引用する画像は特別に表示サイズを固定する記述されているのが原因だった

どうもアプリーチというサービスの画像に対応するためらしい

//アプリーチの画像対応、というところに2行あるのでそのうち片方にgoogleからの画像URLを記述している方を消したら治った

Cloudflareを使用してブログをSSL化した

続いてはブログをSSL化した

最初は僕が使ってるサーバー、ミニバードの設定を変えてSSL化しようした

ただ、ミニバードは独自SSL化のサービスを提供してなかった(有料でなら可能)

なお、共有SSLとの違いを分かっておらず、かなり時間を無駄した

新しいサーバーサービスのスターサーバーなら独自SSL化は可能らしい、移行しろってことだね・・・面倒くさいなぁ、まだしばらくサーバー契約も残ってるし

そんなわけで、僕が使ってる無料のCDNサービス、CloudFlareを使ってSSL化することにした

CloudFlareでの厳密な意味でのSSLとは違いはあるのだけど、やらないよりはマシだし、一見、SSL化してるように見せかけることはできる(SEO対策になる)

CloudflareでブログをHTTPS化 | To Be Decided

CloudFlareで簡単にA+評価のhttpsサイトにする

このあたりを参考にすれば簡単にSSL化の設定は出来た

サーバーが独自SSLに対応して無くても、とりあえずSSL化出来るのでお得でお手軽なのでおすすめ

ブログ内のURLを修正してあげる

ブログ内の画像などがhttpから引用されているとSSLのセキュリティが発揮できず、Chromeなどのブラウザでは保護されていない通信として扱われてます

そんなわけで、それらのURLを修正してあげましょう

WordPressブログをSSL化してセキュリティアップしてみた | からあげ隊長の日記

僕は上記を参考にSearch Regexを使ってURLを修正しました

後は、WordPress設定やGoogleアナリティクス、GoogleコンソールボックスなどのURLも修正する必要があります

SSL化したのにブログバナーがhttpから表示される

これ、どうすればいいか散々悩んで、いろいろ試した挙句、結局、再設定してあげれば治った、時間を無駄にした

Google Adsenseの配置を見直す

アドセンスの配置数3つの制限が撤廃されましたので配置を見直してみました

本当はもっと早く対応したかったのですが時間がなかった

とりあえず、関連コンテンツユニットを記事下(正確にはSNSシェアボタンの、ボタンの上には別のアドセンスを配置してます)に配置しました

関連コンテンツユニットは今、ほとんどのブログで設置でされていて多くの人がおすすめしています

設置して経過をみた感想としてとても効果を感じられています、月によって増減があるものなので今のところですが

ブログ内に自然な流ることが出来、PV数とアドセンス収益の増加を狙えるので僕もとてもおすすめします

次は4つ目以降のアドセンスをどこの掲載するかで悩みました

掲載可能数が増えたのはいいのですが、考えなしに広告数を増やすとクリック単価が減少して、逆に収益が減ることもあるようです

まず、自分の経験も踏まえて鉄板だと思ってるのは

  1. 最初のh2の上
  2. 記事下

の2つで今、設置、運用してるのはここです(記事下はダブルレンタングルにしてます)

他の方々はどうしてるか検索して調べましたが皆さんおすすめする所がバラバラでした

以下、列挙、候補をあげるとこんな具合です

  1. 記事一番上
  2. 最初のh2をダブルレンタングル化
  3. 最後のh2の上
  4. サイドバートップ(300×600サイズ)

この中で記事一番上は通信速度が遅いときは表示されなかったりと、僕的にはかなり効果が疑問に思います

ブログのトップページ、h2を使ってない一部のページにこれを数合わせ的に運用してますがクリック率は絶望的です、そんなわけでとりあえず除外

そんな訳で効果がありそうなのは2~4です

そのうち、最後のh2の上に表示するですが、僕は2つ以上、h2を使ってない記事もそれなりにあったと思うので辞めました

また、この位置をスマートフォン表示時にやると、画面に2つ以上のアドセンスが表示されてしまう可能性があり、これは規約違反なるのも怖いところです

で、残ったのは2と4なのですが、僕はなんとなく4を選ぶことにしました

最近、この配置にされているブログがなんとなく多い気がしたからです

ブログ表示時にまっさきに見える(ファーストビュー)のでクリックされやすい

300×600はクリック単価が良いらしい、という理由の説明をされてる方がいましたが、それに魅力も感じました

あと僕はsimplicityのアドセンス最適化機能を使って配置してるのですが、2をやるとしたら設定を最初からやり直さないといけないのが面倒っぽい、というのも理由

4を試して様子を見た感想としては、少し収益が増えてやらないよりは良かったかなという具合です

クリック数は少ないのですが、クリック単価はたしかに高いです

不要な記事のnoindex化を検討した

検討しましたが結局辞めました

検索流入が少ない記事はnoindexにするって間違いだよね – 鈴木です。別館

月間15PV以下の記事にはnoindexという間違った認識を正したい – 鈴木です。別館

まぁこの辺りの記事を参考にして、説得力を感じたからです

それによくSEO界隈を探すとnoindex化を勧める記事を書かれてる人は多いのですが、実践してる人は少ないです

そして、その実践している人を記事を読んでも、noindex化後はあまり効果がない

それどころか、本来少数ながらアクセスがあった記事を削除したことによりPVが減少してしまったというあまりよくないことも書かれていて、noindex化の効果にかなり疑問を持ちました

広告
adsense336x280
adsense336x280

フォローする

広告