Picasaでraw形式を表示しないようにしてみた

私がよく使う写真管理ソフトとしてpicasaを使っている

写真管理ソフトとしてはもとより、ウェブアルバムとの連携もさすがGoogleというべきかよく出来ている

picasaは写真サイズに制限があるものの、容量・枚数無制限でアップロードできるのが非常に頼もしい

カメラで撮った写真はバックアップがてらガンガン、ウェブにアップロードしていた

そうすれば、万が一、HDDがトンでもバックアップにもなるのである

話は変わって、私のカメラの保存設定は、raw+jpegにて運用している

rawだけの方が容量の節約にはなるし、連射が効くのはたしかだが

jpegの方が使い勝手がいいので、同時保存してくれると便利なのはたしかだ

ただ、そんな運用をしていると、picasaはHDDを勝手に漁って、追加してしまうので同じ写真が二枚表示されてしまう

今までは、それでもあまり困らないので気にしなかったのだが、ここ最近、カメラを変えて更にちょっとした問題が起きた

rawの写真がピンク色にて表示されてしまうのだ

私のカメラはキャノンなのでcr2なのだが…

同じcr2でも新しめのカメラはダメらしい

これは、さすがにいただけないし、元からraw現像のソフトじゃあないんで、最初からrawを表示する意味もなかった・・・

ということで今更ながらにjpegだけ表示ができるように設定してみた

ツール→オプション→ファイル形式

ここで、表示されるファイル形式を選択できるようだ

これで、写真の表示枠内がスッキリした

無駄に、同じ写真を何枚もアップロードすることもないし

もっと早く設定しておけと思った

広告
adsense336x280
adsense336x280

フォローする

広告
広告
adsense336x280